T-ARA N4『田園日記』MVに米のヒップホップ歌手クリス·ブラウンが登場

ガールズグループT-ARA N4(ウンジョン、ヒョミン、ジヨン、アルム)の新曲『田園日記』がアメリカのヒップホップ歌手の登場により生まれ変わります。

ガールズグループT-ARA N4は20日、ソウル清潭洞インペリアルパレスホテルで米国進出関連記者懇談会を進行しました。


t-aran4-130520-01

 

この日ウンジョンは「今回のタイトル曲である『田園日記』に5つのバージョンが登場します。この曲は、SPEEDのテユンがラップのフィーチャリングをしてくれました。その部分を米国のヒップホップ歌手クリス・ブラウン、スヌープドッグ、レイジェイ、ウィズ・カリファ、Tペインがそれぞれフィーチャリングした5つの音源が米国と韓国同時に発売される予定です」と明らかにしました。

 

続いて、 「良いニュースですが、今週の土曜日にラスベガスに出国をすることになりました。クリス・ブラウンが、米国で単独コンサートを行うのですが、オープニング舞台で再び立つことになったのです。緊張しますが楽しみです。再びアメリカに行く上に初の舞台なので良い姿をお見せしたいです」と付け加えました。

また、米国に進出した『田園日記』の歌に関して「始めはどんな形になるのかと思っていましたが『田園日記』のミュージックビデオや音楽を本当に好きになりました。太平簫の音を初めて聞いて心地よかったです。国楽が入ったことに対する誇りも感じられました」と話しました。

 

ティアラN4は6月30日に開催される『BETアワード』のクリス・ブラウンとレッドカーペットに入場します。

『BETアワード』は、アメリカのグラミーアワード』と肩を並べる音楽授賞式。

「クリス・ブラウンさんと一緒に作業をするということに関して実感が出ません。アメリカで本当に良く評価してくださいました」と期待感を高めました。


関連コンテンツ