T-ARA N4「彼女たちの挑戦と心が通じた」-電源日記で大衆を魅了!

タイトル曲 『田園日記』を通じて派手にカムバックしたユニットグループ T-ara N4が5月に話題の中心に立ちました。

T-ara N4は、昨年9月、ティアラの 『セクシーラブ』活動以後 「ウンジョン、ヒョミン、ジヨン、アルム」で編成された4人組ユニットグループです。


t-aran4-130510-03

 

ここ数か月間、デマが原因で全盛期にネットユーザーの反応により停滞していたティアラはティアラのユニットグループを結成して大衆の前に堂々と立ちました。

デビューのニュースには賛否両論でしたが、これまでよりも様々な音楽放送を通じて実力と成熟したルックスを披露し、ネットユーザーたちの歓迎を受けて第一歩を踏み出すことに成功しました。

 

話題をさらっているタイトル曲『田園日記』は同名のドラマ『田園日記』をモチーフにしたエレクトロニックヒップホップダンス曲で、人気作曲家チーム『異端(ダブル)サイドキック』の作品です。

2人組チーム異端(ダブル)サイドキックはシスターの『Loving You』、ペク・ジヨンの『声』、リサンの『涙』、リンの『今夜』、ダビチの『Turtle』など手がけた楽曲ほとんどがチャートにランクインする歌謡界最高のヒットメーカーです。

所属事務所側は今回、国楽とのクロスオーバーのために 「国楽人ファンホジュン先生の参加の下で私たちの伝統的な楽器とエレクトロニックサウンドの絶妙な調和のために編曲作業に心血を注いだ」と伝えました。

引き続きメンバーたちは 「YouTubeで世界中の人々に韓国の伝統的な楽器の優秀性を知らせたかった」と明らかにしました。

 

t-aran4-130510-04

 

特に 『田園日記』のミュージックビデオは、サイの 『江南スタイル』と『ジェントルマン』を世界のトップに押しあげたチョ・スヒョン監督が演出を引き受けて、大きな関心を集めました。

電源日記ミュージックビデオはドラマバージョンとダンスバージョンの両方が製作された国民俳優チェ・ブラムとキム・スミがMBCドラマ『田園日記』終映以後11年ぶりに今回のミュージックビデオを通じて再会したことが知られて話題を生んだりもしました。

また、ミュージックビデオにはホ・ギョンヨン、キム・ワンソン、ヤン・ジュンヒョク、チョン・ウンテク、カン・ミンギョンなどがカメオ出演して熱演を広げました。

 

全体的な選曲もティアラとは全く別のガールズヒップホップスタイルでハイヒールを脱いでスニーカーファッションを披露するなど、新たな魅力を発散しています。

中毒性の強いパワフルダンスで武装した彼女達の振り付けは、少なくとも水1.5リットルを飲まないといけないほど激しいという裏話。

 

T-ARA N4のメンバーたちは去る6日にはMnet 『ビートルズコード2 』で、昨年国民に大きな衝撃を与えた『いじめ説』に対してその顛末を説明し、 「私たちの中だけならすぐに解決していましたが、その問題が水面上に浮上し、誤解しそうな場面だけを編集して拡散させ、悪い人に仕立てられたのは本当につらかったです」と心のこもった心境を告白しました。

 

一方T-ARA N4の挑戦的な音楽性と努力の積み重ねによってファンと大衆の心を捕らえた彼女たちの活動に帰趨が注目されています。

 

ソース:http://www.anewsa.com/detail.php?number=491137&thread=07r05



関連コンテンツ




↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

各種情報

当サイトが開設してから7年が経ちました。引き続き、宜しくお願いします。


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

T-ARAペン交流

交流や質問はコチラに
t-ara掲示板トップ

このページの先頭へ