T-ARA N4の『田園日記』-韓国の伝統音楽を融合させた国楽Ver.も登場

ガールズグループティアラのユニットT-ara N4がタイトル曲『田園日記』を通じて新しいジャンルのエレクトロニック音楽を披露します。

27日ティアラN4の所属事務所コアコンテンツメディアは、 「今までに公開された3つのバージョンのティーザーでは、国楽で編曲した『田園日記』がベールに包まれていた」とし、「来る29日『田園日記』の国楽バージョンを公開する」と明らかにしました。


t-aran4-130427

 

『田園日記』の国楽編曲には『創作オペラアラン』、『皇太子失踪事件』、『メディア』など400余曲を作編曲した国楽人のファン・ホジュン先生が参加しました。

彼は「アイドルの音楽の新たな試みだと思いましたし『田園日記』に洋楽と国楽を取り入れることには大きな意味があると思って参加することにしました」として「『田園日記』が全世界に対し韓国の音楽を広く知らせる契機になってほしい:と明らかにしました。

 

『田園日記』は人気作曲家異端(ダブル)サイドキックが作った曲でドラマ『田園日記』のメインテーマをモチーフにエレクトロニックヒップホップダンス音楽として生まれ変わらせた曲。

エレクトロニックヒップホップとサムルノリ(韓国の現代音楽の1つ)などの長短が融合した『田園日記』は来る29日正午、オンライン音楽サイトを通じて公開されます。

 

*韓国国楽:

国楽(こくがく)は、韓国の伝統音楽全体をさす言葉である。音楽を楽しみ、愛する韓国人は、すでに上古時代から楽器をつくって演奏した。

続きはこちら

 

 

ソース:http://enews24.interest.me/news/article.asp?nsID=153896


関連コンテンツ