T-ARAが作曲家チョ・ヨンスのアルバムにノーギャラで参加

ガールズグループT-ARAがデビュー当初から一緒に作業してきた作曲家チョ・ヨンスの新しいアルバムにノーギャランティーで参加します。

チョ・ヨンスの所属事務所ネックスターエンターテイメント側は18日午前、公式Twitterを使って「2014年の初シグネチャーアルバム「オールスター」の収録曲「ファーストラブ( FIRST LOVE)」に人気ガールズグループT-ARAが参加します。20日、初公開されるので、多くの期待をお願いします」という文と一緒にティアラの録音スタジオ認証ショットを公開しました。


写真の中でT-ARAメンバージヨン・ヒョミン・ソヨンは楽譜をよく見て、音楽に対する特別な熱意を見せています。

 

t-ara-140218

 

「ファーストラブ」は初恋を描いた胸が痛むような歌詞と相反する強烈なタンゴのリズムが印象的なポップダンス曲です。

デビューを控えた新人ラッパー「EB」のパワフルでリズミカルなラップが曲の完成度を高めているところもポイント。

今回の作業では、「デイ・バイ・デイ(DAY BY DAY)」以降1年7ヶ月ぶりにティアラとチョ・ヨンスがタッグを組みました。

チョ・ヨンスとティアラはデビュー曲「嘘」をはじめ、「あなたのせいで狂いそう」「クライクライ(Cry Cry)」などのヒット曲を生み出しました。

他にもティアラ・SeeYa・ダヴィチが参加したプロジェクトアルバム「女性時代」「ワンダーウーマン」などを通じて阿吽の呼吸を見せたので、今回の新曲に対する音楽ファンたちの関心も高いです。

チョ・ヨンスの「オールスター」は、本人が普段求めていた音楽色を表現するための企画のもと制作されたアルバム。

作曲家としては新しい様々な試みを披露したチョ・ヨンスと音楽的パートナーとして絆を築いてきたペク・ジヨン・SGワナビー・ディセンバー・SeeYa・ダヴィチ・2BiCなど国内最高の歌手たちが大挙参加する予定です。


関連コンテンツ