T-ARAの『SexyLove(セクシーラブ)』の音源チャート順位に関して。

 

ソース

http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20120905000110&md=20120905083509_D

 


ガールズグループティアラが新曲『セクシーラブ(Sexy Love)』で各種音源チャート上位圏を占めて良い成績を収めています。

ティアラは9月5日午前七番目のミニアルバムタイトル曲『セクシーラブ』での海2位、メロン、エムネットミュージック、オレミュージックで4位を記録し、 『音源クイーン』としての面貌を誇示しています。

先立ってティアラは去る3日、 『セクシーラブ』のダンスバージョン、ドラマ版、メイキングバージョン、 『昼と夜』のバラードバージョン4つのミュージックビデオを電撃公開し、各種ミュージックビデオチャートで1位を占めており、高い関心を受けてきました。

 

 

ファヨン脱退と関連して多くの苦難を経験したティアラが今回のアルバムでも成功できるかどうか、多くの人々の注目を集めましたが、音源チャートで良い成績をおさめ て懸念を払拭させました。

『セクシーラブ”は『ボピボピ(BO PEEP BO PEEP) 』、『ロリーポリー(ROLY-POLY) 』、『ラビーダビー(LOVEY-DOVEY) 』と着実に呼吸を合わせてきた作曲家シンサドンの虎とチェ·ギュソンの4番目のシリーズ作品であり、ファヨンが脱退した後ティアラが正式に発売した初の新曲です。

 

一方ティアラは来る9月6日、ケーブルチャンネルMnet 『エムカウントゥダウン』でカムバック舞台を持ちます。


関連コンテンツ