相変わらず音源チャートでトップを維持しているラビーダビーですが、SISTARヒョリンのリメイク曲が発表され、急上昇してきています。

 

ソース

http://osen.mt.co.kr/article/G1109343186

10時には各種チャートでトップを獲得したようです

Kstar

http://www.kstarnews.jp/news/viewContents/kpop/1305183612


 

[OSEN =イヘリン記者]

人気グループティアラが今月初めに発表した”ラビーダビー”で音源チャート1位を維持している。

 

ティアラは19日午前現在、メロン、エムネット、オレミュージックなどの主要配信サイトで1位を占めてている。

この音源は7日、発表されたMBC’無限挑戦”に少しの間1位の座をあけ渡したがすぐにまた回復した。

 

昨年、”ロリーポリー”で最も多く販売した音源という記録を保有しているティアラは、今年も音源のパワーを継続する様相だ。

 

19日に公開されたヒョリンの新曲も驚くほどの勢いを見せている。

シスターのヒョリンはハンヒョジュ、イジェフンが出演したインターネットムービー”愛をみる2″のOSTで動物園のヒット曲”君を愛する”をリメイクして発表し、この日、すぐにメロン2位、音海1位など上位に跳ね上がった。

 

十センチの”哀傷”、ダイナミックデュオの’そこにそこに”、サニーヒルの”キリギリス賛歌”なども上位圏に名前を上げた。

昨年末に発表されたIUの”あなたと私”とトラブルメーカーの”トラブルメーカー”も、まだ上位に定着、底力を誇示している。

 

rinny@osen.co.kr


関連コンテンツ