1月3日夜中に公開された「LoveyDovey」の音源の反響は相当なようです。

 

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201201030857281002

 


 

ティアラが4連続ホームランを放った。

ティアラシングル後続曲”ラビーダビー”が1月3日の真夜中の音源公開後、各種オンライン音楽サイトをオールキルした。

 

“ラビーダビー”は1月3日午前9時現在のメロンバグスなど各種音源サイト1位を記録している。

先立ち公開されたミュージックビデオも、1月2日午後1時、公開直後の様々なサイトで話題を起こして1位に記録して爆発的な反応を示した。

このような”ラビーダビー”の人気は、すでに昨年末から予告されていた。

歌謡関係者たちはティアラの”ラビーダビー”が今年の初めに大ヒットを爆発させると予想して正面対決を避けてきた状況

ティアラは、昨年6月に発表した”ロリーポリー”大ヒットに続き、11月に公開した”Cry Cry(クライクライ) “、12月に公開した”私たち愛し合っていたのに”に続き”Lovey – Dovey(ラビーダビー)”まで4連続オール1位の記録を立てるようになった

 

さらに、各種音源サイトでは、”ラビーダビー”1位のほか、上位ダビチとティアラのデュエット曲’私たち愛しあっていたのに”、”クライクライ”など3曲が布陣してティアラの曲が1位争いを繰り広げている

一方、ティアラの”Lovey – Dovey(ラビーダビー)のドラマバージョンのミュージックビデオは公開直後からネイバー、メロンなどの人気検索語順位1位に上がるなど爆発的な反応を呼び起こした。

リトル”To Heaven”のミュージックビデオという修飾語がつき、話題になっている。

“ラビーダビー”のミュージックビデオは、”クライクライ”のドラマ版ミュージックビデオの後続編でチャスンウォン、チチャンウク、ジヨン、キュリ、ウンジョン、ヒョミンが熱演を繰り広げた22分間の大作だ。

ミュージックビデオの中には、ダビチとのデュエット曲’私たち愛し合っていたのに’も挿入されている。

 

李在奐記者star @ 記事情報提供および報道資料newsen@newsen.com


関連コンテンツ