今日韓国で「DayByDay」をリリースするT-ARA(ティアラ)に関する記事です。

 

ソース

http://osen.mt.co.kr/article/G1109427178

 


[OSEN =イ·ヘリン記者]

去年の音源王ティアラが3日にカムバックして、上半期で大勢に浮上したシスターとの対決を繰り広げることになりました。

T-araはこの日の午後1時、新曲”デイ·バイ·デイ”をリリースする予定です。

シスターはこの日午前現在、新曲”Loving U(ラビングユー)”で、メロン、エムネットなど主要な音源サイトで1位を記録しており、ティアラが必ず対決しなければならない相手となりました。

T-araは、下半期の歌謡界占領を狙っている状態。

今年の下半期には次々と新曲を発表して休む暇のない”疾走”を行うことを予告しています。

T-ARAは昨年末から今年初めまで”クライクライ”、 “ロリーポリー”、 “ラビーダビー”を3連続でヒットさせたことがあり、今回のカムバックにも期待が高まっています。

 

 

ティアラの関係者は3日、OSENに対して「新曲の「デイ·バイ·デイ」は、より重量感あって、心に響くダンス曲です。今回のカムバックを皮切りに、ティアラは新曲発表とドラマ活動に邁進して活発に活動していきます。」と予告しました。

SFミュージックドラマ形式で制作されたミュージックビデオは、より完成度の高いCG作業のためにこの日の午後1時に公開される予定となっています。

音源もミュージックビデオの公開時期に合わせて、当初の予定より13時間遅れての公開。

重厚感を前面に押し出したティアラとは異なり、シスターはラブリーな爽やかさで注目を集めています。

 

以前に「Alone」で妖艶なファムファタール(男にとっての「運命の女」(運命的な恋愛の相手、もしくは赤い糸で結ばれた相手))をコンセプトとして掲げたSISTARは”ラビングユー”で特有の健康美を現わしてもう一度音源チャートを強打、様々な魅力でアピールに成功し確実な地位を築きました。

先月28日にカムバックして、過去6日間チャート上位圏を制圧しているシスターがティアラのカムバックに1位の座を明け渡すのか関心を集めている状況です。

二つの「大勢グループ」の間で起きる競争で3日のグラフの変動がかなり熱くなることが予想されます。


関連コンテンツ