ヒョミン:T-ARA商標問題「前所属事務所と和解」

ヒョミンがティアラ商標問題について言及しました。

9月12日午後、ソウル江南区清潭洞のアートホールで行われたデジタルシングル「マンゴー」のショーケースで歌手ヒョミンが、前所属事務所MBKエンターテイメントとの商標権紛争がうまく解決したと発表しました。


ヒョミンは、商標権の問題について、「事実として私達はティアラという名前自体が、私たちのことだけではなく、すべてのものという結論が出ました。良くして下さるファンの方々、私達を作ってくれた会社、皆に権限があると考えたんです。近い将来、一緒での舞台を、姿を見せてあげたい」と話しました。

 

 

続いて「前の会社とは誤解が解けました。お互いに良い関係でいることになりました」と明らかにしました。

 

併せてヒョミンはT-ARAの活動についても言及。

歌手ヒョミンはティアラのメンバーたちが応援してくれたと述べました。

 

ヒョミンは「やはりメンバーが一番最初に応援してくれました。今日以降のショーケースにも来てくれるそうです。(ティアラの)活動の予定はあります。少しずつお互いの意見を調整しながら方法を模索していきます」と語りました。

ショーケースステージ動画



関連コンテンツ




↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

各種情報

当サイトが開設してから7年が経ちました。引き続き、宜しくお願いします。


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

このページの先頭へ