【SKETCH】ヒョミンインタビュー/ライブ動画:デビュー7年目のソロ舞台/私の写真

ヒョミンが「一人で立つ舞台は未だに緊張します」と明らかにしました。

グループティアラ(ヒョミン、ボラム、ウンジョン、ソヨン、ジヨン、キュリ)のメンバー、ヒョミンは3月16日午後、ソウル麻浦区ハプチョンメセナポリスロッテカードアートセンターで二番目のソロミニアルバム「スケッチ(Sketch)」発売記念ショーケースを開いて、新曲のステージを初公開しました。


MCを引き受けたコメディアンのジョン・ソンホは「今日は緊張しましたか」と尋ね、ヒョミンは震える声で「はい」と答えました。

 

t-ara-160317-16

 

ジョンソンホは「今年でデビュー7年目なのに、まだ緊張するもんなんですか」と尋ねるとヒョミンは「そうですね。いつもはメンバーたちと一緒に舞台に向かうので一人で立つ舞台はそれよりもはるかに緊張してしまいあmす」と話しました。

ヒョミンはタイトル曲「ゴールド」について「聞いたままの叙情的なメロディーと歌詞が届く歌。ファンに伝えたい気持ちを入れる曲を探してこの曲にしました。感謝の気持ちをたくさん表現したくてこの曲を熱心に準備しました」と説明しました。

 

t-ara-160317-17

 

またタイトル曲「スケッチ」については、「愛する人を描いた歌です。私も大人なのでそれをどうやって表現すべきかについて考えていました」と説明。

続いて、 「私はいつもガールズグループではこれまで特徴的なダンスを多く取り入れてきたので、今回は多くの方々が踊れるような楽しい振り付けがない代わりに、曲と交わる動きを表現するために努力しました」と述べました。

また、ヒョミンは新曲のメンバーたちの反応について「私たちの方が恥ずかしいよ。これ以上はダメと言っていましたが実際に社長は「まだ出来ないか?」と更に熱心にするように言いました。常に成長する姿を見せなければならないと社長は言ってましたが、メンバーはいまだにダメだと言っています。そうこうしている内にそのまま公開されました」と明らかにしました。

 


 

16日の夜12時に公開されたのヒョミンの新譜には、ダブルタイトル曲「ゴールド(Gold)」「スケッチ(Sketch)」以外にも「まだ」、「ロードトリップ(Road Trip)」、「私たちの話を私たちだけ分からないまま」など計7トラックが含まれています。


関連コンテンツ