【ソロデビュー】ジヨンとヒョミンの楽曲は?14年版「成人式&10MINUTE」

6人ガールズグループT-ARA(ボラム、キュリ、ソヨン、ウンジョン、ヒョミンジヨン)のジヨンとヒョミンがソロ出撃を正式発表し、果たしてどのようなコンセプトでファンたちに会うのかに関心が集中しています。

複数の歌謡関係者は11日、スターニュースに 「ジヨンとヒョミンは、来る4月中にソロ新曲を次々と発表する予定」としながら 「しかし、二人のソロのコンセプトは全然違う」と強調しました。


歌謡関係者たちによれば、ジヨンは、いわゆる2014年版「成人式」というコンセプトで、ソロデビュー曲を準備中です。

「成人式」は、歌手パク・チユンが2000年に発表したパク・チニョン作詞作曲の歌で、パク・チユンのセクシーさが光を放っていた曲。

 

t-arahj-140311

 

14年が過ぎた今も女性ソロ歌手たちのセクシーさを示す代表的として出てくる歌です。

ジヨンがソロ歌手デビューするだけでなくこの選曲もまた、注目を集めている理由です。

 

一方、ヒョミンは、いわゆる2014年版「テンミニッツ」をソロ歌手の出撃コンセプトにしました。

「テンミニッツ」は、韓国トップのソロ女性歌手イ・ヒョリが、2003年に発表した曲でヒップホップをベースに掲げながらもリズミカルで暖かいメロディーが引き立つ曲。

イ・ヒョリはこの曲で妖精ガールズグループFin.KL(ピンクル)のリーダーで大韓民国を代表するソロ女性歌手として生まれ変わりました。

「テンミニッツ」を通じて親近感と成熟を同時に発散したからです。

ヒョミンもソロデビュー曲のコンセプトを2014年「テンミニッツ」にすることで、彼女の変身にも期待が集まっています。

 

ある歌謡関係者は「ジヨンは有名作曲家チーム異端(ダブル)サイドキックと、ヒョミンは勇敢な兄弟とそれぞれ手を組んでソロ新曲を準備するのに各自が最近のトレンドをより確実に捉えるだろう。ジヨンとヒョミンは、今回のソロ歌手デビューを介して自分の個性をしっかりと発揮するよていだ」と言いながら期待を頼みました。

この関係者は 「ジヨンとヒョミンは今のスタッフと一緒にソロ曲の作業に心血を傾けている」と言いながら 「二人はそれぞれ別の色でファンの前に立つだろう」と付け加えました。

 

一方、ティアラの所属事務所コアコンテンツメディアは10日、「T-ARAのメンバージヨンとヒョミンがソロアルバムを発売する」と公式発表しました。

所属事務所によると、ジヨンは4月中にソロアルバムを発表し、続いて二番目にヒョミンが出撃します。

 

ジヨンは、ガールズデイの「サムシング」、シスターの「ギブ・イットトゥミ」「Lovin ‘you、リサンの「涙」などをヒットさせた作曲家の異端(ダブル)サイドキックとダビチやソンミなどの仕事を引き受けてきたスタイリスト、イム・スジョンと一緒にソロ歌手デビューを準備中です。

ヒョミンはソンミ「満月」、ヒョリン「君しか知らない」、シスター「私だけ」、4Minute「名前はなんですか」などをヒットさせた勇敢な兄弟とティアラを担当しているスタイリストのイ・ウンアと手をつないでソロデビュー曲の作業にまい進中。

二人はソロ歌手活動を終えた後にはT-ARAのメンバーとして活躍します。








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


最新・関連グッズ

T-ARAのグッズが勢ぞろい
t-arasyouhinstore-01

スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ