T-ARA N4が5月3日『ミュージックバンク』に登場-既存のT-ARAとは違った舞台

ティアラN4が『田園日記』で派手なカムバックを知らせました。

ティアラN4(ウンジョン、ヒョミン、ジヨン、アルム)は、5月3日に放送されたKBS 2TV 『ミュージックバンク』で『田園日記』を通じて地上波で初めてとなるカムバック舞台を披露しました。


ティアラN4は、激しいダンスと楽しい音楽で舞台に登場して印象的なライブの実力を誇示。

特にT-ARA N4の専売特許のダンス『抱擁ダンス』では、ファンの歓呼を受けることに成功しました。

 

t-aran4-130503-07

 

これに先立って、T-ARA N4は、既存のティアラの色から脱するという覚悟を見せています。

去る4月22日の記者懇談会でティアラN4のアルムは、 「既存のティアラとは違った魅力がたくさん見つかるでしょう」と期待を頼みました。

ティアラN4のタイトル曲『田園日記』は作曲家異端(ダブル)サイドキックの曲でドラマ『田園日記』をメインテーマをモチーフにして苦しい日々からの逸脱を夢見るすべての人の心を代弁して直説的な歌詞で表現したファンキーなヒップホップダンス曲です。

また、 『田園日記』ドラマバージョンのミュージックビデオは、サイの『江南スタイル』や『ジェントルマン』を演出したチョ・スヒョン監督がメガホンを取りました。

ダンスバージョンはインフィニットなどのミュージックビデオを演出したホンウォンギ監督が引き受けています。

 

一方この日放送では、SHINee、Kwill、Secret、4Minute、T-ARA N4、ユンナ、Uビート、ソ・イングク、D-unit、BTOB、MIB、C-Clown、OFFROAD等が出演しました。

 

 

(写真= KBS 2TV ミュージックバンクキャプチャ)

ソース:http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201305031902541210&code=100200








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

2 Responses to “T-ARA N4が5月3日『ミュージックバンク』に登場-既存のT-ARAとは違った舞台”

  1. ふくしまのちち より:

    T-ARA N4は、何の為に出しているのか私には理解できていません。最近では日本でバニスタを発売したばかりなので、正直頭が困惑してます。
    本当に素敵なガールズグループなので、もっとゆっくり、じっくり、頑張ってほしいと思います。

    • ハル より:

      ふくしまのちちさんこんにちは。

      思いはよく分かります。

      残りのメンバーも日本でユニット活動をしてそのあとT-ARAとしても曲を出すという情報もありますしね。
      (正確性は保証できませんが)

      確かにスケジュールとしてはまた忙しいため消耗してしまうかもしれませんし、それが原因で起こった些細なことがまた新たな誤解に繋がってしまうかもしれません。

      ですが一度そう決まったのなら私たちにできることは応援していくことだけだとも思います。

      実際、彼女達の姿を見かける場面が多いのはやっぱり個人的には嬉しいです。

      アイドルという性質上、仕方ないことなのかもしれませんがふくしまのちちさんのような意見も十二分にわかります。

      貴重なコメント、ありがとうございました。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ