T-ARA(ティアラ)「皆さん、会いたかった」⇒12月2日放送『コリアンミュージックウェーブイン神戸』でSexyLoveとLoveyDoveyを披露

T-ARA(ティアラ)が出演した11月20日の『コリアンミュージックウェーブイン神戸』の模様が12月2日にMBCで放送されました。

 


 

ティアラが日本のファンたちの前で『ラビーダビー』の舞台を披露しました。

 2日午前0時30分MBCは去る10月20日に開かれた『コリアンミュージックウェーブイン神戸』の実況が放送されました。

ティアラは日本のファンに嬉しそうに挨拶し、 『ラビーダビー』の舞台を披露しました。

 ティアラは流暢な日本語で挨拶をして舞台を開始しました。

 日本のファンはシャッフルダンスに沿って、またサビではかけ声を叫んで楽しんでいました。

会場には女性のファンはもちろん、中年のおじさんファンの姿までありました。

歌の中間でソヨンは日本語で「みなさんに会いたかったです」と叫び、メンバーらは「皆さんジャンプしてください」と言いながら、観客と一緒に舞台を作っていきました。

 ダンスが得意な末っ子アルムはダンスの実力をしっかりと披露して注目を集めました。

 

 一方、 『コリアミュージックウェーブイン神戸』はビースト、2PM、フォーミニッツ、B1A4、BOYFRIEND、FT Island、KARA、M-BLAQ、ノラジョ、シークレット、ティアラ、TEENTOP、超新星が出演しました。

 

ソース:http://xportsnews.hankyung.com/?ac=article_view&entry_id=277878

 


 

ティアラ の『セクシーラブ』の舞台に、日本のファンが熱狂

 

 

ティアラが日本ファンたちの前で『セクシーラブ』の舞台を披露しました。

 2日午前0時30分MBCは去る10月20日に開かれた『コリアンミュージックウェーブイン神戸』の実況が放送されました。

放送の中でティアラは声援に応えながら派手に舞台に登場しました。

ティアラは赤のチェック柄のジャケットと金色のホットパンツをマッチしたファッションでキレのあるロボットダンスを踊って無表情ながらもセクシーな魅力を披露しました。

 ティアラの舞台の間に「ティアラ愛してる」という応援スローガンを叫ぶ中年男性のファン、キュリを応援する女性ファン、ティアラの名前を何度も叫ぶ若い女性ファンが画面に捉えられ日本でのティアラの人気を実感させました。

 

ソース:http://xportsnews.hankyung.com/?ac=article_view&entry_id=277881








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

2 Responses to “T-ARA(ティアラ)「皆さん、会いたかった」⇒12月2日放送『コリアンミュージックウェーブイン神戸』でSexyLoveとLoveyDoveyを披露”

  1. ん? 韓国では中年のおじさんファンは珍しいのか?

    • ハル より:

      きんのすけ(陛下)さんこんにちは~。

      >韓国では中年のおじさんファンは珍しいのか?

      おじさんファンに関してはIUもしかりですしそんなこともないような気がします。

      韓国のおじさんファンは知りませんが日本に関しては私も実際にお会いした熱烈なおじさんファンがかなり応援を頑張っている&印象に残りやすいので記者の目に留まったのではないでしょうか。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ