T-ARA N4がMnet 『ビートルズコード2』でいじめ説などについて告白

ガールズグループティアラのユニットT-ARA N4のヒョミンがファヨンのいじめ説など、これまでの噂と事件に関して率直に打ち明けました。

ティアラN4のウンジョンとヒョミン、ジヨン、アルムは6日午後放送されたケーブルチャンネルMnet 『ビートルズコードシーズン2』にカムバックした所感とその間の噂の心境を率直に告白しました。


ヒョミンは「再び一からスタートする感じです」と明らかにしました。

ジヨンは、 「全て同じ気持ちです。初心に帰って頑張ります」とカムバックした感想を明らかにしました。

この日、MCタク・ジェフンはファヨンのいじめ説やヒョミンの過去の噂など多少敏感な事案に対してストレートに質問を投げかけました。

ティアラも「私たちも苦しかった」とそれを避けずに率直に答えてくれました。

 

t-aran4-130506

 

まず、ヒョミンはネットユーザーたちが持ち出した過去の話について「近所には友人が多く、よく遊びました。かなり誇張されていて暴行して、強制転校したとの話が多かったです。事実であれば直接被害にあった方々が話せばいいのに」と涙を流しました。

タク・ジェフンが転校の理由を直接聞くと、 「お母さんが教育熱の高いところに送りたかったと言っていました。友人たちに申し訳なくて、この話をちゃんとできなかったんです」と話しました。

 

挨拶をちゃんとしていないという巷の噂に関しても率直に打ち明けました。

ティアラは「私たちは挨拶をしないという話もありました。私たちは挨拶をちゃんとしています。おそらくマイクを確認しているときに通り過ぎるのでそう感じるのだと思います。その後は(気をつけて)もっと熱心に挨拶をするようになりました」と話しました。

 

ファヨンのチーム脱退にまでつながり議論になった脱退説については、 「私たちも苦しかった」と詳細に説明しました。

ウンジョンは「私もいじめ説に巻き込まれた人でしたが私達の間で、日本公演での二日間に争いがありました。内輪ではいつも通り解決したのですが(SNSで)見えるところにそのことを出してしまったことが間違っていたようです。それに関しては、心から謝罪します」と述べました。

ウンジョンはまた、 「じっとしているほど、誤解や噂が生じ証拠動画のようなものが流れることが多く、私たちでさえ勘違いをすることもありました。そうみえるように編集して表に出す。恥ずかしい生活なんてしていないと思っていても自らが悪い人のように思えてつらかったです」と話しました。

 

ウンジョンはファヨンに無理やり餅を与えた事件と関連して、 「楽しみのためにオーバーにしました。キュリなど他のメンバーがリアクションが小さかったので楽しくてリアクションが大きい人を選択したのですがこうなるとは思いませんでした。ディレクターから面白くしてくれと言われました。その日の映像を見ると、ジヨンがさらにいじめているように見えます」と説明しました。

続いて、 「私たちが苦しいのは、沈黙するしかなかったことですがそうすればするほど誤解が大きくなっていきました。ツイッターで誤った行動をしてしまいましたが、心の傷は大きかったです」と話しました。

日本公演直後にファヨンが『ミュージックバンク』の舞台に立たず、議論がより大きくなった当時の事件についても語りました。

ヒョミンは「入国してからすぐにミュージックバンクに向かいました。とにかくお互いに争いがあったので早く解決したかったのですが、その時が一番厄介だったんです。カメラリハーサル前にファヨンと会話をしようとしました。 「私たちが夢のステージを一緒に叶えたのに、そんな瞬間に何で揉めないといけないのか、オンニ(姉)として申し訳ない」と謝りました。ツイッターでお姉さんらしくない行動をして、公開的な空間で、(ツイッターで)正しくない表現をして申し訳なかったです。ファヨンもその話を聞いてくれてお互いに寂しかったという点を話して(胸の内を明かして)丸く収まりました」と当時の状況を説明しました。

 

次にヒョミンは「しかし、不仲説が出始めたときに社長がファヨンを舞台に上げないようにしました。『ミュージックバンク』の舞台に立たなかったことが最初の発端でした。カメラリハーサルにはファヨンがいたのに舞台には上がってこなかったので誤って伝わってしまったのです。いじめはありませんでしたが、誤解が生じました」と付け加えました。

ヒョミンは「何度も話をしたいと思いました。ファヨンに申しわけないという気持ちを伝えたかったです。私たちは3-4年呼吸を合わせて一緒に生活してきたので、(後から入ってきた)ファヨンがメンバーと生活するのは大変だったでしょう」と言いながら申し訳ない心を伝えました。

ヒョミンはまた「事件の後、私はファヨンの立場になって考えてみました。些細な争いではありましたがファヨンが感じていたのは、たくさんの孤独(とても寂しかったと感じた)だったようです。私たちもファヨンが本当に憎かったら何の気も使っていません」と話しました。

 

ティアラメンバーたちは「率直に話をしたかったです。理由を問わず、芸能人として物議をかもした点について、とても反省しています。申し訳ないです」と心からの謝罪を伝えて頭を下げました。

 

一方、ティアラN4は先月29日のタイトル曲『田園日記』を発表してカムバックし、活発な活動を繰り広げています。

 

 

ソース:http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=111&aid=0000331142








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

2 Responses to “T-ARA N4がMnet 『ビートルズコード2』でいじめ説などについて告白”

  1. りゅうじん より:

    なるほど。だいたい想像していた通りですが、あの時はたいへんでした。

    ファヨンが本番の舞台に上がらなかったのは社長の指示だったのかな。それをメンバーもファヨンのわがままだと誤解したんだとしたら、やっぱり社長が問題だなあ。

    • けんちゃん より:

      私も当時の社長の発言で「ファヨンが本番15分前に突然舞台をキャンセルした」と言うことで、ファヨンにも「脱退は行き過ぎだとしてもプロとして行動に問題はあった」と誤解していました。
      しかし、今回の発言でまったくのでっち上げだとわかり、本当に腹立たしい思いでいっぱいです。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


最新記事一覧

スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ