【T-ARAファヨン脱退】→「ティジンヨは強硬な姿勢を崩さず」「ソヨン出演ドラマのPDがソヨンを擁護」「ファヨンの父が心境を告白」

ファヨン脱退に関する記事

 

 


ファヨンが収拾に乗り出しても『ティジンヨ』の強硬な姿勢はそのまま「難しいね」

 

ソース

http://osen.mt.co.kr/article/G1109443749

 

グループティアラのファヨンが、自分のTwitterを使って、 「今までの騒動を終わりにしてください」と、今回の事態を収拾しようとしましたが、 『ティジンヨ(ティアラに真実を求めます)』の会員は、その数がますます増えて議論の火種がしぼむ様子はありません。

ティジンヨは1日午前に会員数 32万人を記録し、現在はその数が33万人を突破しました。

ファヨンが最後の夜、自分のTwitterに「ファンの皆様、今まで愛してくださったのに失望だけさせてしまってごめんなさい。今までの騒動を終わりにし、今後さらに成熟し成長した姿を期待して下さい」という文を掲載して現事態の収拾に乗り出しましたが、その火種が消えることはありませんでした。

ティジンヨカフェの会員たちは、ポータルサイトに『ティアラの解体を請願しています』という署名運動までしている状況。

この署名運動の目標は15万人で、現在までに10万人を越える人員が署名をしました。

 

ティジンヨの会員は、 「ファヨンが収拾する為の文を残したが、真実が明らかになるまでは、ティジンヨは閉鎖できない」とし、その署名運動が必要な理由を説明しました。

ティジンヨの会員は、ティアラに背を向けた形で文を掲載している雰囲気です。

一部のメンバーが「ファヨンだけの肩を持つべき事件ではない」との意見を見せてはいますが、ほとんどのメンバーは、

  • ティアラの解体
  • ティアラのメンバーたちが出演する番組降板
  • ティアラのメンバーたちの心情の発表

を要求しており強硬な立場を見せています。

ファヨンの心境発表で、今回のティアラの事態が一段落するだろうという一部の推測とは異なりティジンヨの活動はさらに活発になっている状況です。

一部では、あまりにもひどいのではないかという懸念も提起されています。

 

以前にティアラの所属事務所コアコンテンツメディアは、先月30日の公式報道資料を通じてファヨンを、チームワークなどの問題で条件なしに契約解除したと発表しました。

以降、一部のネットユーザーは、ファヨンの『いじめ説』を提起し、『ティジンヨ(ティアラに真実を求めます) 』というオンラインカフェを作って複数の推測と意見を出して、大きな話題を呼びました。

 


 

ソヨン出演 『海雲台(ヘウンデ)』のPD 「ティアラの事態が解決することを願う」

 

ソース

http://osen.mt.co.kr/article/G1109443745

 

KBS 2TV新しい月火ドラマ『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』のソン・ヒョンウクPDが最近明らかになったティアラの事態に言及して注目を集めました。

ソングPDは1日午後2時論硯洞インペリアルパレスホテルで開かれた『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』(以下ヘウンデ)の制作発表会で出演者の一人、ティアラのメンバーソヨンを念頭に置いた発言をしました。

この日、彼は「最近起きた(ティアラ事態)ことが深刻なようだがうまく解決できればいいと思う。ソヨンはドラマの撮影現場では礼儀正しく面白い友人だ。先輩たちにたくさん学ぼうと積極的に努力する人である。今回の事態がちゃんと解決されてを受けたら良いだろう」という希望を表わしました。

 

ソヨンは劇中でチョ·ヨジョンの世間知らずの妹イ・グァンスン役で登場し、魅力を発散して劇に楽しさを加える予定です。

 


 

T-ARA(ティアラ)ファヨンの父が心境を告白「申し訳ありません」

 

ソース

http://www.etoday.co.kr/news/section/newsview.php?TM=news&SM=4101&idxno=615628

 

「申し訳ありません。言葉が浮かばないです」

最近のガールズグループティアラから放出されたファヨンの父が初めて口を開きました。

ファヨンの父であるリユ・某氏は1日午前に通話で、 「申し訳ありません」と言葉を発して議論の中心に立ったファヨンの事態に対して極度に言葉を慎みました。

先立ってリュ氏は31日午後7時頃、通話でティアラの事態に対する立場とファヨンの近況について尋ねたところ「ノーコメントです」という言葉を一貫させていました。

改めて聞いても「申し上げることはありません。ノーコメントです」と答えて非常に慎重な立場を取っていました。

ファヨンは同日夜10時30分頃、自分のTwitterに「ファンの皆様、今まで愛してくださったのに失望だけさせてしまってごめんなさい。今までの騒動を終わりにしていただきたいです。コアコンテンツメディアの家族の方々にも申し訳ないという気持ちです」という内容の文を残しました。

その後ファヨンは、所属事務所コアコンテンツメディアのオフィスを訪ねて、キム·グァンス代表と会っていたことが分かりました。

去る7月29日に「真実ではない事実」という意味深なTwitterのメッセージを伝えたファヨンが急に態度を変えたことについて、ネットユーザーとファヨンのファンは、これの様々な疑惑を提起しています。

特に、あるインターネットユーザーは、ファヨンが残した、Twitterの投稿の頭文字だけとれば、 「ファンだけが知っている」という文になることを発見し、ファヨンが秘密のメッセージを残すために意図的に書いたのではないかという主張を出して注目を集めています。

所属事務所側は『ティアラ不仲説』が浮上すると、去る7月30日に報道資料を通じて、ファヨンの専属契約の解約を通知しました。

一部で提起されたメンバー間の不和やファヨンのいじめ説は全面的に否定して「ファヨンが団体生活で逸脱行動をしたので、今後ティアラとは一緒にすることができない」と主張して契約の解除の責任をファヨンに返しました。

現在ファヨン本人はもちろん、ファヨンの家族もマスコミとの接触が一切なされていない状況で、ファヨンの父のリュ氏は唯一通話でファヨンの錯雑な心境を「ノーコメント」「申し訳ありません」という二つの言葉で語りました。

一方、ネットユーザーたちは『ティジンヨ(ティアラに真実を求めます) 』というオンラインコミュニティを作成し、真相究明を要求するなど、事態は長期化する兆しを見せています。








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ