『T-ARAファヨン脱退』→「SBSとMBCのPDがファヨンを擁護」「姉ヒョヨンの行く末は」

ファヨン脱退に関する記事

ボラムがツイッター上でファヨンをアンフォローしたことも話題になりました。

そちらに関してはKstarさんの方で確認してください→こちら

 


SBSのリュ・チョルミンPDに続いてMBCイ·サンヨプPDまでがティアラとの交渉を拒否する発言

 

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201207301816272510&code=100200

 

SBSのリュ・チョルミンPDとMBCのイ·サンヨプPDのティアラ交渉拒否に関する発言が話題になっています。

7月30日のティアラファヨンの脱退がインターネット上で問題として浮上するとSBSのリュ・チョルミンPDは自分のTwitterに”ああ、ファヨン。このお兄さんがティアラとは今後交渉しないからね」という文を掲載しました。

MBCイ·サンヨプPDも、このようなリュ・チョルミンPDのツイートを見て「ああ それじゃ私も」という返事を残しました。

 

 

現在リュ・チョルミンPDのツイート文は削除された状態ですが、リュPDのツイート文はインターネット上に急速に広がり、現在ポータルサイトのリアルタイム検索語順位1位にランクされており、少なくない波紋が予想されています。

一部では放送責任者があまりにも簡単に立場を示すべきではないのではないかという懸念も出てきています。

 

一方、ティアラの所属事務所のコアコンテンツメディアキム·グァンス代表は同日午後1時、公式報道資料を通じて「ティアラを補佐する19人のスタッフ(スタイリスト5人、ヘア&メイクアップ7人、現場のマネージャー5人、チーム長マネージャー2人)と相談して、メンバーファヨンをフリーの歌手の身分で条件なしに契約を解約する」と発表しました。

ファヨンは自分の退出の事実が公式発表になると、自分のTwitterを使って、 「真実ではない事実」という文を残し、これにキム·グァンス代表はティアラのファヨンが去る27日KBS 2TV 『ミュージックバンク』生放送中に出番まで後2組を残した状態で舞台にあがらないと言ってきたと暴露しました。

続いてキム·グァンス代表は「『ミュージックバンク』だけでなく、ファヨンに関連する事件はたくさんあるが、これ以上はこのような事件を公開せずにファヨンを保護してあげたい。ファヨンが、Twitterに残した言葉は本当に残念だ」と伝えました。

 


 

ファヨンとの契約の解除が決定。双子の姉ヒョヨンは所属事務所に残留か

 

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201207301421020910&code=100200

 

キム·グァンス代表はティアラのメンバーだったファヨンとの契約解除を発表しました。

これにより、彼女の双子の姉ヒョヨンの今後の歩みにも注目が集まっています。

コアコンテンツメディアのキム·グァンス代表は、7月30日公式報道資料を通じた発表でティアラファヨンとの契約を解約しました。

キム·グァンス代表は、 「ティアラの団体生活とは誰か一人が偉そうにしたり誰か一人が逸脱した行動をとると、チームの色が変わってメンバー自体が揺れてしまう。現在起きているティアラでのグループ内のいじめ説や、不仲説は事実と無関係であること重ねて申し上げたいと思います」と明らかにし、これまで激しい論争に包まれたファヨンへのいじめ論議を一蹴しました。

 

 

続いて「大衆の人気に加え、現在のティアラは8人個人のティアラよりチームワークを重視しているため、19人のスタッフの意見を尊重し、これ以上辛い思いをするスタッフがいてはいけないと考えて熟慮の末に下した結論だ」とファヨンとの契約の解除を発表しました。

 

しかし男女共学とファイブドールズ(5dolls)のメンバーである、ファヨンの双子の姉ヒョヨンに対する専属契約はまだ有効な状態です。

ヒョヨンは今回の事件が起こる直前の26日にも、自分のTwitterを使って、大変な状況の中でも練習に総力を傾けていることを明らかにしました。

現在ティアラの所属事務所側はヒョヨンとの専属契約を存続するかどうかをめぐり議論していることが分かりました。

一部では「ヒョヨンとファヨンが約2年前にコアコンテンツメディアと専属契約をしたように、ファヨンが所属事務所を離れたのならばヒョヨンも会社を離れて、別の巣を見つけるべきだと考えているかもしれない」と慎重に推測しています。

一方、キム·グァンス代表は、ファヨンとの契約の解除を『骨を削る痛み』と表現し、 「コアコンテンツメディアは、条件なしに契約の解除をすることを決めており、自由歌手の身分でよりいいところで一層成長した歌手になることができると信じている」と強調しました。








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


最新記事一覧

スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ