2月13日放送「ドリームハイ2」第5回  “ドリームハイ2″ジヨン・JBの奇襲キスにびっくり “過去にいろいろあったカップル” 関連ニュースまとめ

T-ARAのジヨン出演のドラマ「ドリームハイ2」2月13日放送第5回に関するニュース記事はこちらでまとめています。

 

 


 

“ドリームハイ2″JB、いじめの危機に置かれたジヨンを抱きしめる

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201202132222391001

 

 

[ニュースエン・デンゲン記者]

ジヨンとJBが熱い抱擁を披露した。

リアン(ジヨン)は、2月13日に放送されたKBS 2TV月火ドラマ’ドリームハイ2’(脚本ホ・ソンへ)の5回でJB(ジェイビー)とかすかな抱擁を分かち合った。

 

この日はリアンをはじめとするキリン予告の学生たちは、月末評価を受けるために舞台に上がった。

月末の評価ミッションはチーム戦だ。

デュエットで舞台に上がった2人のうちの一人だけが合格することができる。

リアンは、シンヘソン(カンソラ)とチームを組んでいた。

しかし、舞台に上がるとヘソンのマイクが正常に動作せず、結局一曲をリアンだけで歌うことになった。

リアンは自分の歌唱力を発揮して素敵な舞台を披露したが余計な疑いを受けることとなった。

悪いリアンがヘソンを落とすためにわざわざヘソンのマイクの電池を抜いたのではという誤解を浴びせられた。

しかし分かってみると、この事件の真犯人はシンヘソン本人だった。

 

リアンは、悪意がなかったのに仲間から厳しい視線を受けた。

このような内情も知らずにリアンは、いじめになる危機に置かれた。

これにリアンは涙をのんで、学校の隅の階段でため息をついた。

この時、リアンとあいまいな恋愛模様を形成していたジェイビーが現れた

悔しい状況が恥ずかしくて堪らなかったリアンは、 “一人になりたい。早く行け”と訳もなくJBに当たった。

しかし、ジェイビーは、 “やったのがお前じゃないって事は知ってる。みんなも分かってくれるだろう“と慰めた。

続いてリアンのことをぎゅっと抱きしめるのも忘れなかった。リアンとJBは互いに抱き合うことでなんとか心を保つことができた。

 

リアンは仲間たちから誤解されていじめにあうことで、より一層強くなった。

大根役者アイドルとして有名なリアンは、 “1秒も欠かさずこの日の出来事をしっかりと覚えておく。そして涙の演技する時、今日の出来事を思い出すだろう。演技の勉強をしたと考えればいい”と、語った。

電源wonwon @ 情報提供および報道資料newsen@newsen.com

 


 

“ドリームハイ2″サイ、ジヨンに “大根演技の真髄”

ソース

http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1329140688271932002

 

 

[テレビデイリーソンミギョン記者]

ジヨンの大根演技がサイの笑いものになった。

13日午後放送されたKBS2月火ドラマ”ドリームハイ2″(脚本ホソンヒェ、演出イウンボク)5回ではキリン予告の月末評価が行われた。

キリン予告の月末評価は二人ずつでチームを組んでライバルと一緒に舞台を飾るライバルミッションで行われた。

この日リアン(ジヨン)とシンヘソン(カンソラ)は、一緒に舞台に上がった。

しかし、ヘソンのマイクが作動しなかった、リアンはヘソンの小節まで代わりに歌った。

しかし、結果としてリアンとヘソンの両方が月末の評価から脱落してしまった。

またパク・スンドン(ユ·ソヨン)とジン・ユジン(チョン·ジヌン)をはじめ、パクホンジュ(キム·ジス)、ジョンウイボン(ジュニア)なども月末評価で脱落した。

月末の評価で脱落になったリアンやヘソン、ユジンたちは克己訓練を行った。

彼らはサイが教官である海兵隊教育キャンプに行って克己訓練を受けた。

この過程でリアンは訓練を受けている間、突然倒れてヘソンの心配を買った。

リアンが倒れるとヘソンは、びっくりして彼女に近付いた。

しかし、サイは”リアンは演技の1つもできないのか。大根演技の真髄だ”とリアンをからかい、リアンはきまりが悪そうに起きて罰則で訓練量を増やされて笑いを誘った。

[テレビデイリーソンミギョン記者news@tvdaily.co.kr /写真= KBS2放送画面キャプチャー] 記事情報提供news@tvdaily.co.kr

 


 

“ドリームハイ2″カン・ソラ、舞台恐怖症にマイクの電池を抜いて “ジヨンが濡れ衣”

ソース

http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1329140082271931002

 

 

[テレビデイリーソンミギョン記者]

カンソラによる嘘でジヨンが苦境に立たされた。

13日午後放送されたKBS2月火ドラマ”ドリームハイ2″(脚本ホソンヒェ、演出イウンボク)5回ではキリン予告の月末評価が行われた。

キリン予告の月末評価は二人ずつチームを組んでライバルと一緒に舞台を披露するライバルミッションで行われた。

この日、リアン(ジヨン)とシンヘソン(カンソラ)は、一緒に舞台に上がった。

しかし、ヘソンのマイクが作動しなかった、そのためリアンはヘソンの小節まで変わりに歌った。

しかし、結果としてリアンとヘソンの両方が月末の評価から脱落してしまった。

審査を担当したキリン予告校長はリアンに”相手にマイクがないのなら、マイクを譲り渡さなければならない。パートナーをステージの外に追い出すのは決して良い舞台マナーではない”とリアンもヘソンと一緒に脱落させた。

舞台から降りたリアンは、ヘソンに腹を立て、パク・スンドン(ユ·ソヨン)は、そんなリアンにヘソンのマイクの電池を、リアンが抜いたのではないかと問い詰めた。

しかし、真実はヘソンだけが知っていた。

事実ヘソンが舞台を前にして怖くなり、自分でマイクの電池を抜いたのだ。

しかし、ヘソンは、この事実をリアンに言わず、それによりリアンは誤解を受けることになった。

これにジェイビー(JB)は、ヘソンにマイクに関して問いただし、ヘソンは突然のジェイビーの追及に何も言わなかった。

この時、真実を知っていたジンユジン(チョン·ジヌン)は、ヘソンを抱いてジェイビーと対立し、ヘソンは途方に暮れたままユジンに連れて行かれた。

一方、この日の月末評価では、ユジンとヘソンを含めてパク・スンドンなども脱落して海兵隊の教育を受ける姿が描かれた。

[テレビデイリーソンミギョン記者news@tvdaily.co.kr /写真= KBS2放送画面キャプチャー] 記事情報提供news@tvdaily.co.kr

 


 

 “ドリームハイ2″ジヨン・JBの奇襲キスにびっくり  “過去にいろいろあったカップル”

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201202132306521001

 

 

[ニュース電源記者]

 ジヨンとJBの優しさにあふれた過去が公開された。

彼らはかわいくキスをするなど、普通のカップルと違いない様子だった。

リアン(ジヨン)とJB(ジェイビー)は2月13日放送されたKBS 2TV月火ドラマ”ドリームハイ2″(脚本ホソンヒェ/演出イ·ウンボクモワンイル) 5回の放送で仲の良かった過去を回想した。

お互い曖昧な恋愛模様を形成していたリアンとジェイビーはこの日、海兵隊キャンプで会って、過去を回想した。

最近では、お互いになんだかんだと言って好きな素振りを見せずにいるが、過去には、仲の良い友人であり恋人であった。

過去のリアンとジェイビーは、今のように一緒に海兵隊キャンプを訪れたことがある。

彼らはお互いに宝物を隠して探して楽しい時間を過ごした。

この時ジェイビーがリアンに突然キスをし、お互い恥ずかしがる場面が描かれた。

幸せだった昔の記憶を思い出した彼らは少しの間ときめきに浸った。

しかしすぐ気を取り直し、お互いの心を隠して再び表情を固くした。

電源wonwon @ 情報提供および報道資料newsen@newsen.com

 


 

 








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ