ダニがバラエティー発端での発言が発端となったT-ARAいじめ説に「困惑」

歌手志望のダニが放送で言った言葉で困惑した状況を迎えました。

ダニの言葉をいくつかのインターネットメディアが、本人や側近などの確認を取らずに歪曲して解釈したことでダニの所属事務所コアコンテンツメディアの先輩グループT-ARAが被害を受けています。


ダニは、25日に放送されたMBCヒューマンドキュメンタリー「人が好き」の「星になりたい女の子、シャノン」編に出演して「シャノンのお姉さんがいなかったら孤独だったでしょう。本物のいじめだったようだ」と言ったのが発端になりました。

 

dani-140125

 

これに対し、一部のメディアは「ダニの練習生生活の中で何かが起こったんじゃないのか」など、様々な推測を提起しました。

特に、いくつかのポータルサイトでは、ダニはT-ARAのユニットT-ARA N4のメンバーとして紹介されていますがT-ARA側は過去にファヨンが脱退した当時「いじめ議論に包まれたため、ダニの「いじめ」発言に焦点を当てた報道が発端となり再び憶測を生んでいる。 ダニのある側近は「ダニは長い期間、米国に住んでいたので、韓国語が下手だった。練習生としてまともに会話が出来たのは、英国出身のシャノンしかなかったためそのように表現しただけ」と説明しました。

 

この側近はまた、「ダニは英語が堪能なためにT-ARA N4が米国に進出する際に投入するべく準備をしていたが、T-ARA N4として活動したことはない。そのためダニはT-ARAとは何の関係もないのにこのような誤解が生じてしまい、残念だ」と話しました。








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

4 Responses to “ダニがバラエティー発端での発言が発端となったT-ARAいじめ説に「困惑」”

  1. 五十音ジュン より:

    もういい加減T-ARAいじめはやめてほしい…

  2. T-ARAお宅 より:

    どんな些細な事でもT-ARAいじめを始める。それだけT-ARAの存在が大きくなったと言う事だ。

  3. 雪郎 より:

    T-ARAを「削って」いけば自分らのチャンスが拡大すると考える二流三流同業者や、無いこと無いこと書き連ねてゴハン食べてる連中は消滅しないのかも…。

    ですけどT-ARAに対する誤解・無理解が広まった時、自分のことのように心を痛め、でもT-ARAを信じ今も応援し続ける真のファンは世界中に、いーっぱいいますのでT-ARAは大丈夫ですよね。

    自分はそう信じています。

  4. instagramで直接ダニにコメントできるので、声をかけて励ましてあげましょうよ。
    相当落ち込んでいるみたいなので・・・

    アカウント→ cookiemonster3783

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


最新記事一覧

スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ