アルムがチーム去る。T-ARAはしばらく6人で活動「日本公式でも発表」

ガールズグループティアラの末っ子アルム(19)がチームを去ります。

ティアラは最近、メンバーのアルムがソロ歌手に転向することに最終決定しました。


したがって、ティアラはオリジナルメンバーであるキュリ、ボラム、ソヨン、ウンジョン、ヒョミン、ジヨンなど6人でチームを再整備することになりました。

 

areum-130711-03

 

アルムは昨年7月、ティアラの8番目のメンバーとして合流しました。

167㎝のすらりとした身長に白玉のような肌を誇るアルムはティアラ合流と同時に、中学・高校の男子生徒のファンから多くの愛を受けました。

しかし、ティアラメンバーになってわずか1年余りでソロに転向することになったのは、元々ヒップホップが好きだったアルム美の傾向を最大限に生かして、ここに演技など多様な方面で才能を発揮する機会を与えるための決定だと伝えられました。

 

areum-130711-04

 

アルムの脱退に『田園日記』で多くの愛を受けたユニットT-ARA N4も再整備は避けられない状況。

所属事務所側は、ウンジョン、ヒョミン、ジヨンなどT-ARA N4の既存のメンバーにアルムの代わりにダニを合流させる案を苦心しています。

ダニはアメリカで育ったため英語力が優れており、米国進出を準備中のT-ARA N4にとっては大きな助けになると予想されます。

先立ってティアラのメンバーファヨンがチームを脱退する時に論難があっただけにアルムが、今回の決定は、自分の意志によることをティアラ公式ファンカフェを通じてファンに直接知らせることができる映像を準備していると伝えられました。

(映像はコチラの記事を参照)

 

一方、アルムのソロ変身をきっかけに、ティアラの所属歌手たちのメンバーにも変化が続きます。

まず、7月末にカムバックを控えているファイブドールズは、既存のメンバーヒョヨン、ヘウォン、ウンギョと2012年に召集されたナヨンと、2月にジヒョンとシャノンを迎えて6人体制で活動をすることが知らされていました。

ですが獲得したシャノンは、自分のロールモデルであるボア先輩のようになりたいという意見を提示し、所属事務所は、シャノンの意見を取り入れ年齢を考慮した上で、1、2年程度の練習をした後、ソロデビューを計画中でチョン・ジヒョンは、練習期間を持った後、他のチームでデビューする予定です。

 

areum-130711-05

 

ファイブドールズの二つの空席には、2012年に全国春香選抜大会で選ばれたスンヒとSeeYAのメンバーであるヨンジが合流してファイブドールズとSeeYaの活動を並行します。

スンヒは、2010年春香で選抜されたメンバーヒョヨンの後に続いて2012年春香のタイトルを手にした後、まずプロジェクトアルバム『鎮痛剤』で音楽プログラムで初めてデビューしたことがあります。

スンヒは、外見だけでなく、歌唱力も優れているという実力派。

また、すでにSeeYaで実力を認められたヨンジは、歌手キム・ジノがSGワナビーのメンバーであったように、グループファイブドールズとSeeYaを並行して活動する予定。

最後に、スピードはジョングク、ジョンウ、ユファン、テハ、テウン、セジュン、ソンミンの7人のメンバーにプロジェクトメンバーである二人のメンバー상원、テミンが加わり新しく特別なコンセプトで活動を計画しています。

テミンは95年生まれ(19歳)、상원は97年生まれ(17歳)で상원は今年3月に公開されたダヴィンチのヒット曲『亀(Turtle)』のミュージックビデオで、ファイブドールズヒョヨンと一緒に呼吸を合わせたことがあります。

 

コアコンテンツメディアは、チームメンバーの変更後の最初の走者としてファイブドールズが7月末の夏に合った楽しく面白い音楽で2年ぶりにカムバックすることを予告しました。

ファイブドールズは、これまで派手で強いポップダンス曲を披露してきましたが、今度はヒットメーカーである異端(ダブル)サイドキックと手をつないでレトロ風のディスコ音楽『ペア(相棒)1号』でカムバックします。

タイトル曲『ペア(相棒)1号』は、レトロなフォントのディスコメロディーに親しみやすい歌詞が加わり、聞けば聞くほどその魅力にハマる中毒性の強い曲です。

また、音楽に合わせファイブドールズのメンバーが披露するディスコダンスも豊かな見どころを加えています。

 


 

日本公式サイトでも今回のアルムの脱退が簡潔に伝えられました。

 

areum-130711-06

ファンの皆様へお知らせ

本日、T-ARAの韓国所属事務所であるコアコンテンツメディアより発表がこざいました通り、メンバーであるアルムがソロ活動に専念することとなり、今後T-ARAはウンジョン・キュリ・ジヨン・ソヨン・ヒョミン・ボラムの6人にて活動を行うことになりました。 それに伴い、7月12日・13日に行われます[T-ARA 2nd Albumプレミアム先行ライブ](日本武道館)も、6人にて公演致します。  今後、T-ARAは7月10日に7thシングル『TARGET』、8月7日に2ndアルバム『TREASURE BOX』をリリースし、9月4日からは[T-ARA JAPAN TOUR 2013~TREASURE BOX~]を開催致します。

T-ARAそしてアルムは、日本および韓国でも精力的に活動を行ってまいります。 これからも今まで以上のご声援をお願い致します。








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

2 Responses to “アルムがチーム去る。T-ARAはしばらく6人で活動「日本公式でも発表」”

  1. 五十音ジュン より:

    特にアルムのファンではないが、あまりに急すぎて円満脱退とはどーしても思えないし不仲を疑われても仕方ないぜ!

    せめてライブの後でって説得すら出来ないのか事務所社長は…
    あんた、ファンのことなんか考えてないよねん

    前回みたいなウヤムヤは許されんぜよ!!×5兆

    • ハル より:

      ジュンさんこんにちは。

      本当にその通りですよね。

      キム・グァンスさんの考え方はやはり好きにはなれないです。

      もしかしたら彼の本意ではないのかもしれませんが結局、同じことの繰り返しです・・・。

      こういったやり方は一時的に注目を集めることは出来ても長い目で見たらマイナスにしかならないということをいち早く理解する必要があると思います。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ