T-ARAが中国の事務所と契約?メンバー「事実無根」

グループT-ARAが財閥2世の王スチョンからスーパーカーをプレゼントされていたとするMBC「セクションTV芸能通信」の報道に反論。

これを受けて「セクションTV芸能通信」の制作陣側は「事実確認中」と明らかにしました。


「セクションTV芸能通信」側は1月9日午後、放送報道について「事実確認中」と明らかにした。

今後放送を通じて訂正報道などが行われる見通し。

 

事の発端は先立って7日に放送された「セクションTV芸能通信」。

そこで製作陣は、ティアラのファンとして知られている中国の財閥2世スチョンが90億ウォン相当の解約金を支払ってティアラを既存の中国側の所属事務所側が迎え入れたと伝えました。

更に、ティアラのメンバーたちにスーパーカーを一台ずつプレゼントして、格別の愛情を示したという内容です。

 

この報道に関して、オンライン上では真偽を確かめる論争が起き、がT-ARAのメンバージヨンは9日、インスタグラムを介して直接釈明しました。

ジヨン「マスコミに報道された中国との契約でメンバーがスーパーカーをプレゼントされたという内容と90億ウォン支払の事実確認のため、当社が直接ウェイペースを介して、中国のスチョン側(バナナ・カルチャー)から上記のような事実は虚偽であり、全く根拠がないとする公式回答を受けとしました」と述べました。

続いて「デビューの時から一緒に苦労を背負ってきた会社とすべての社員の方々が、これらのデマの被害を受けないことを望みます。」と付け加えました。

 

一方、ティアラのメンバー4人は、過去2017年12月31日をもってデビューの時から所属していたMBKエンターテイメントとの契約を終了しています。

 

ティアラ4人の公式声明

 

こんにちは。

T-ARAのキュリ、ウンジョン、ヒョミン、ジヨンです。

私たちの言葉を代弁してくれる会社がなく、どんな経路でお知らせするか悩んだ末、勇気を出して、ここに申し上げます。

 

マスコミに報道された中国との契約で、、メンバーがスーパーカーをプレゼントされたという内容と90億ウォンの事実確認のため、当社が直接ウェイペースを介して、中国の王スチョン側(バナナ・カルチャー)から上記のような事実は虚偽であり、全く根拠がないという公式回答をいただきました。

デビューの時から一緒に苦労してきた会社とすべての社員の方々が、これらのデマで被害を受けないことを願います。

 

今後も「ティアラ」という名前で私たち4人で皆さんに挨拶することができ、これらすべてのことが円満に解決されることを望むというのが私たち四人のメンバーの公式の立場です。

読んでいただきありがとうございます。








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントを残す

コメントは内容の入力だけで書き込むことが可能です

お気軽に一言どうぞ。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


最新記事一覧

スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ