T-ARA元スタッフがファヨンいじめ疑惑に「周知の事実だった」【記事+原文】

ティアラの元スタッフと名乗る人が、コミュニティサイトにティアラ元メンバーであるファヨンと、彼女の双子の姉リュ・ヒョヨンの暴露記事を掲載しました。

当時、ティアラのマネージャーだったそうですが、現在、他の会社に勤務しているこの関係者は、「掲示板の文を見た。当時のティアラスタッフにとっては周知の事実だ」と述べました。

(記事最後に、原文も併せて載せています。)


2月9日午前のオンラインコミュニティには、「ティアラ事態の真実!5年前にティアラと一緒に仕事したスタッフです!」というタイトルの記事が掲載されました。

この記事を書いた、彼自身が5年前にティアラのスタッフとして働いていたと主張しているのです。

 


彼は「昨日放送された「タクシー」を観ました。ファヨン、リュ・ヒョヨン姉妹が泣く姿もよく見てました」とし「ただずっと犠牲者のふりをしているなら、理解できます。しかし、今は寛大な人のふりをしているように思います。私は当時ティアラのスタッフとして働いていて、5年前のことは忘れられない。インタビューの記事を見てもこれまで我慢していましたが、今回は我慢できなくて考えなければたい」という文を残した。

まず、リュ・ヒョヨンが過去にティアラの元メンバーアルムに送信したメッセージのキャプチャが公開されました。

写真の中に「CCMヒョヨン姉さん」と保存された人物が「会うのが嫌ならちゃんとして。・・・」、「ミュージックバンクで私に殴られなさい。テレビに出られないように顔を傷つけてやる」などのメッセージを送信した内容が含まれてています。

 

 

著者は、「ファヨンの双子の姉であるリュ・ヒョヨウンがティアラの末っ子アルムに送ったカカオトークの内容です。5年前の7月27日「ミュージックバンク」の控室でリュヒョヨウンはアルムの顔をナイフで怪我させると脅迫し、ティアラのメンバーたちに対する対応についても悪口を言いました。ティアラのメンバーのほとんどは、リュ・ヒョヨンよりも年上で、さらに芸能界の先輩でもあります。今、これを公開する理由は、当時のことをきちんと知らせなければならないという考えからです」という言葉を付け加えました。

 

5年前に話題になった別名「ティアラいじめ事件」にも言及しました。

彼はファヨンが2012年7月23日MBC「ショー!音楽中心」のスケジュールの際に足を捻挫したとし、ソウルのヨンドンセブランス病院で検査を受けましたが、大きな問題もなく退院したと明らかにしました。

しかし、翌日の24日、ファヨンはギブスをしていました。

彼は「マネージャーが不審に思って聞いてみると、ファヨンが父と、他の病院で再診療を受けてギブスを着ける事になったのだそうです」と主張しました。

また、彼はファヨンが移動する車の中で歩くことができるようにギブスを外しましたが、空港に到着するやいなや、突然車椅子を要求したそうです。

日本に到着してもずっと足首の痛みを訴え続け、会場の代わりにホテルに行こうと提案したら、ネイルアートを受けたいと要求。

最終的にファヨンの不在でティアラのメンバーたちは振り付けの動線を変更し、約80人のスタッフが8時間リハーサルをして、必要以上の苦労をさせられたと明らかにしました。

ティアラのメンバーたちが翌日の25日、SNSに「意志の差」という文を上げましたが、それについては理由に関係なく、SNS上ででファヨンの問題に言及したのは、間違っているし、言い訳の余地はないという言葉も付け加えました。

 

 

著者は、「これが皆さんが知らない、ティアラ事態の前の話です。その時は、ファヨンの言葉のように、みんな若かったし未熟で感情的でした。しかし、率直に言って、最後まで被害者のふりをするならまだしも、5年が過ぎた今、寛容な態度をみせるのは、ないですよね。当時働いていたスタッフは、皆はっきり覚えていますよ」と厳しい忠告を加えながら文章を終えました。

 

2月8日に放送されたバラエティ番組「タクシー」でのやり取り

以前、8日に放送されたtvN「現場トークショータクシー」には、ファヨン、リュ・ヒョヨン姉妹が出演しました。

その際、「ティアラいじめ事件」に言及し、「大変残念でしたが、考えてみれば、女性同士なら十分可能性のあることだと思います。メンバーも未熟でしたし私も、大人ではありませんでした。歌手生活だけを送り、社会生活をよく知らなかったのです」と述べました。

これと関連し、ティアラの所属事務所MBKエンターテイメント側は「前の話であるため、これ以上言及することはない」と言葉を惜みました。

 

「ティアラ事態の真実!5年前にティアラと一緒に仕事したスタッフです」

昨日放送されたTVNタクシーの放送を見ました。

ファヨンとリュ・ヒョヨン姉妹が泣く姿も観ました。
女性同士なら十分可能性のあることだった?
社会生活を知らなかった?ファヨンが5年前のあの日のことをあり得たこだと言ってます…
社会生活を知らなかったと言って…あたかも他人事のように…
何が「ありえる話」だったんでしょうか?

 
「顔に傷を付けるぞ」という脅迫?社会生活を知らなかった?
それで「テレビに出られないように顔に傷をつけてやる」と言いますかね?
それは可能性があったという話ではありません。

当時、ティアラのスタッフとして働いていた私、マネージャーたち、所属事務所関係者たちとティアラのメンバーたちにとって、それは絶対に「あり得ないこと」でした。
ただ、ずっと犠牲者のコスプレをしているなら理解いたします。

ところが、今は寛大な人のコスプレをしたいのでしょうか?

私はその当時、ティアラのスタッフの仕事をしていました。

実際には5年前、その日は本当に覚えていたくないです。

今まではたまにインタビューの記事を見ても耐えてきましたが、今回は我慢できなくて、考えなければなりません。

一体何が「可能性があること」だったのか…

 

私は放送を見て、いったい何があり得ることだったのか、二人の姉妹が理解できず、ひたすら他の話だけが私の頭を駆け巡りました。

  • 「ミュージックバンクで私に殴られなさい」
  • 「テレビに出られないように顔に傷をつけてやる」
  • 「犬は会ってこそ気を引き締めるものでしょう」

私が上に書いた内容は、ファヨンの双子の姉であるリュ・ヒョヨウンがティアラの末っ子アルムに送ったカトク(カカオトーク)の内容です。
その日は、5年前の7月27日、ミュージックバンクの控室でした。

リュヒョヨンはアルムの顔をナイフで傷つけると脅迫し、ティアラのメンバーたちの悪口を言いました。ティアラのメンバーたちのほとんどは、リュ・ヒョヨンより年上で、さらには芸能界の先輩でもありますからね。

ファヨンとリュ・ヒョヨンはそんな姉妹でした。

ところが、今になって涙を見せ、寛大なふりをする彼女達が、私には理解できません。
私が今すぐこのカトクを公開した理由は、今でも当時のことを、きちんと知らせなければという気がしたからです。

以前にも述べましたが、私はティアラ事態の時に一緒に仕事をしていたスタッフです。

その時の事は私も見ています。

 

ファヨンとリュ・ヒョヨン姉妹はいじめの被害者で、今ではまるで寛大になったかのように話していますね…
皆さん…いじめですよ?

ところで、私は誰が誰をいじめたかはわかりません。

本当に今回は、何がいじめだったのか分からないので、尋ねたいと思います。

このようにだけ話すと、よくわからないので、5年前に戻って話をしてみます。
2012年7月23日。

ティアラはMBC音楽中心の蔚山特集スケジュールがありました。

その舞台が終わって控え室にファヨンが行く途中、足を捻挫しました。

ソウルでX線を撮って検査を受けました。

当時のマネージャーが同行し、X線画像では問題ないという話を聞いて退院しました。

そして、7月24日。

ティアラは日本武道館コンサートのために日本への出国が予定されていました。

空港に行くためにマネージャーが迎えに行きました。

その後、ファヨンはギブスをして出てきたのです。

明らかに、病院での検査では異常がないはずだったのに、戻ったらギブスをしていたのです。

マネージャーがおかしいと思って聞いてみるとファヨンが父と、他の病院で再診療を受けてギブスをしたと語っていましたね。

ギプスをしたままで車に乗り、移動する車の中で、「歩けそうだ」といって、外したといっています。

(マネージャーに聞いた話です。)

そして、空港に到着し、記者たちがいることが分かると、車椅子を用意してくれと要求したんです。

しかし、突然車椅子を要求されて、用意ができますか?

最終的にはマネージャーが支え、マネージャーの助けを受けて出国場に移動しました。

そして、その日のネイバー検索語1位を占めたんです。

 

その時、私は本当に変だと思いました。

当時診察を受けた病院では、ギブスをするほどではないと言っていました。

ところが、本人が個人的にギブスをしてきて、車の中で歩くことができそうだと、そのギブスを解いて、空港に到着して記者の姿を見ると、再び歩くことはできなさそうだと、車椅子を要求して、最終的にはマネージャーに支えられて…一体なぜそうなのか、私にはまだ理解できません。

 

翌日の7月25日にティアラのヒョミンがTwitterで「意志の違い」をアップしました。
他のメンバーもコメントをつけてRTをして同調したんです。

どんな理由にせよ、結果的には、複数のメンバーがファヨンを攻撃したわけです。

これは誰であろうと言い訳の余地はありません。

公開的な空間でファヨンの問題に言及したことは間違ってますから。

しかし、私は第三者の立場です。

一歩離れて見ると、一方では、なんでそんな文章をアップロードしたのか、正直理解もできます。

本当に意志の問題があったからです。

「意志の差」という文が載って来る一日前、7月24日の武道館コンサートのリハーサルの状況を知っている人は、十分に理解することができます。

ファヨンは日本に到着しても、車椅子を要求しました。

続いて足首が痛いと言ってきたのです。

だから、日本の病院にも行きました。

当然のことながら、日本の病院でもギブスをするほどではない。

深刻な異常はないという所見が出ました。

ですが、ファヨンはそれでも歩くのが厳しいと車椅子を要求をし、さらにとんでもないことを言ったのです。

病院に同行した日本のスタッフに「ネイルアートをしてもらいたい。会場の代わりにホテルに行こう」と話をしたそう。

日本の所属事務所側も、この発言については大きく動揺していたことを覚えています。

他のメンバーはリハーサルをしている最中、ホテルに戻ってネイルアートをしたいと話をしたので、どれほどあきれ果てたことか?

 

私はスタッフなのでよくわかります。

8人で練習した振り付けを7人で置き換えるには、動線を再構成しなければなりません。

ファヨンの空きを埋めないといけないのですから。

ファヨンのいるはずの空間が不自然にならないよう、他のメンバーが協力して振付チーム、演出チーム、照明チーム、ステージチームも準備しておいたものをすべて置き換える必要があります。

一人の空席のために約80人のスタッフが2時間で終わるリハーサルを8時間以上行い、必要以上の時間を取られました。

それなのに、ホテルでネイルアートを受けたいなんて…何を言っているのか…

 

ファヨンは武道館コンサートでたった1曲だけ呼ばれていました。

その当時活動していたDAY BY DAYです。

そして、残りのステージには、上がりませんでした。

だからメンバーたちが「意志」の問題について言及したのです。

もしファヨンがリハーサルするメンバーとスタッフを訪ね、いろいろな事情で公演を一緒に出来ず、申し訳ありませんと一言でもあれば、果たして「意志が云々」といった話になったでしょうか?

そのまま名残惜しい心で公演を終えて、7月27日ティアラは日本から帰国するやいなやミュージックバンクのスケジュールのためにKBSに行きました。

ティアラのメンバーたちも申し訳ない気持ちがありました。

理由を問わず、Twitterで文を書いたのは間違っていたと思うからです。

だから和解ムードを作ってみようと思いました。

ヒョミンが先に会話をしようとしましたが、ファヨンが「申し訳ないようなことはしていないので、謝罪することもない」と言い、会話は長く続きませんでした。

 

そうするうち、生放送が始まる前に決定的な事件が起きたのです。

まさに初めに言及した、ファヨンの双子の姉であるリュ・ヒョヨンがアルムに脅迫性のあるカトクを送信したのです。

「ミュージックバンクで私に殴られなさい。テレビに出られないように顔を傷つけてやる」

大体、ヒョヨンはなぜ突然このような内容のカトクを送ったのでしょう?

アルムはファヨンのように、ティアラの初期メンバーではなく、後から入ってきたメンバーです。

おそらくお互いに通じるところがどの程度かあったのでしょう?

ところが、末っ子のアルムが見てもファヨンの行動は、利己的だったのだと思います。

だからアルムがファヨンと距離を置くことになり、このような内容をファヨンから聞いて怒ったリュ・ヒョヨンが、アルムに「会うのが嫌ならはっきりして」と警告したかったようです。

アルムはこのカトクを見て恐怖を覚えるばかりでした。

子供心にも驚き、姉にカトクを見せて助けを求めました。

結局、このカカオトークの内容は、会社に報告され、当時のスタッフだった私まで知ることとなったのです。

これが、皆さんが知らない、ティアラ事態の顛末です。

 

今になると誰のせいだったのでしょうか?

はい、そうです。当時は、ファヨンの言葉のように、みんな若かったし未熟で感情的でした。

ところが、率直に言って、最後まで被害者のふりをするのも、今ならいいでしょうが、5年が過ぎた今になって、ファヨンとリュ・ヒョヨンが寛大のふりを見せるのは、あり得ないでしょう。

2012年の事件当時、ファヨンが言った?「ファンだけが知っている」と。

本当に意図して言ったのかどうかに関わらず、ファンと国民は皆、断片的な姿だけを知っています。

例えば、控室を飛び出していくような姿?

 

ところが、当時の仕事をしたスタッフは皆はっきり覚えています。

ファヨンがした、その自己中心的な行動を…

一体どれだけ未熟であれば、被害者コスプレですら足りず、寛大者コスプレまですることができるのでしょうか?

 

苦しい心を表現していたら文章が長くなりました。ここまで長い文を読んでいただき、ありがとうございます








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ