キム・グァンスへのインタビュー「T-ARAがDIAにいじめ説について語る」

妹グループへのアドバイス「SNSには気をつけろ」

メンバーの脱退、不和(いじめ)説など海千山千の経験をしてきたデビュー7年目のグループティアラ(ボラム、ジヨン、ヒョミン、ウンジョン、キュリ(リーダー)、ソヨン)。

これらの所属事務所の新人グループダイヤに渡したアドバイスでは、ありのままの告白と所信が入っていました。


「ティアラの妹グループ」として知られているグループダイヤのミュージックビデオ撮影が進行されている香港で出会ったMBKエンターテイメントのキム・グァンス代表プロデューサーは取材陣にティアラとダイヤの「胸が痛くなるような」出会いを打ち明けました。

 

t-ara-150731-07

2015年8月に待望のカムバックをするT-ARA

キム・グァンスプロデューサーは「ティアラのメンバーたちがまだデビューもしていないダイヤのメンバーの前で、今回の新曲「完全に狂った」の舞台を見せた。そして席に座って2、3時間を話をしたよ」と話し始めました。

続いて、 「ティアラが後輩たちに「ティアラは知名度のある歌手だった。歌も難しくなく老若男女誰もが歌える、そんな舞台を披露してきたの。ところが、(いじめ説・騒動があった)わずか2、3日で、私たちの歌を誰も聴いてくれなくなった」と話した。それが「済州島テンミニッツ」という事件だった」とし2012年の済州島公演について語りました。

ティアラのメンバー間での葛藤・いじめ説のために観客に背を向けられたのです。

 

※済州島テンミニッツ→いじめ説の後に済州島チェジュド)で行われた活動再開公演での出来事。「K-POP エココンサート」で披露されたT-ARAの舞台の10分間、観客からは全く反応がなく沈黙が続きました。

 

それ以降もティアラは大衆から厳しい視線を受けてきました。

キム・グァンスプロデューサーは「ティアラが「舞台に上がる前に「がんばろう」と言ったが、それでも舞台を登ても人が振り返ってくれずとても辛かった。でも、いつかは私たちの真実を知ってくれるだろうという心で舞台を終えたよ。この事態を乗り越えられたのは私たちが堂々とし、真実を知っていたからだったの」と言っていた」と述べました。

続いて、 「ティアラを7年間見てきたがここまで一生懸命だったのは初めてだった。メンバーたちがカムバックの準備を一生懸命している。多くの困難と多くの非難があったが、「気にしないようにしよう」「私達はより熱心にするだけだ」と意気投合している」と付け加えました。

 

t-ara-150731-05

T-ARAの妹分「DIA(ダイヤ)」

 

一方、ティアラは8月に「完全に狂った」でカムバックして歌謡界ホット夏大戦に合流します。

ティアラの後に続いてMBKエンターテイメントの新人グループダイヤ(スンヒ、ユーニス、キャッシュジェニー、チェヨン、ウンジン、イェビン)がデビューする予定。

 

t-ara-150731-06t-ara-150731-08DIAは香港で撮影を進行しました

 

ダイヤは溌刺としながら少女たちのいきいきとした魅力が詰まった「なぜか」でセクシーなコンセプトの「触れるか触れないか」のダブルタイトル曲を発表、9月初めにデビューを控えています。

 

t-ara-150731-10

 

現在は香港マカオでグラビアとミュージックビデオの撮影を始め、本格的にデビューを準備している段階です。








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ