T-araワンダーガールズを抜いて音源チャートを占領

韓国のサイトからです。

 

原文と画像は以下のURLです。

http://www.t-arafan.com/zeroboard/zboard.php?id=news&no=8638

 


 

強烈なパフォーマンスで帰ってきたT-araが、”ロリーポリー”に続き、再び音源チャートを制圧した。

 

11月22日オンライン音源サービス代表メーカーの音の海は、ティアラの新曲”クライクライ(cry  cry)”が11月3週(11月13日〜11月19日)週間チャート1位を記録したと発表した。これにより、先週カムバックと同時に1位になったワンダーガールズと2位を占めたホ・ガクがそれぞれ順位を下げ2、3位にランクインされ、T-araが着実に人気を博している。

初冬の凍りついた心を温かく溶かしてくれるバラード曲も根強い人気を見せている。4年ぶりにカムバックしたキムドンリュルの”リプレイ(Replay)”が5位を占めたのに続き、SBS水木ドラマ”根の深い森”のOSTキムボムスの”言わなくても良い”が60ランクアップし8位に上がったこと。

14位のソンシギョンの”一度の愛”も、SBS月火ドラマ”千日の約束”のOSTで多くの愛を受けている。また、バスカバースカートの”I Believe”、”ソウルの人々 “、”君は違う”、”マッコリ私”がそれぞれ9、10、11、19位にランクされウルラルラセッションの”西の空”と”Swing Baby”、ツゲウォルウイ”ロマンティコ”なども着実に上位を維持しており、冷めていない”スーパースターK3″の音源熱風を感じることができる。

一方、これと関連して、音の海のある関係者は”ティアラの風変わりな変身が引き立つ”Cry Cry”が1位を占めた中で、キムドンリュル、キムボムスなど、初冬の雰囲気と似合うバラード曲が人気を集めている”と分析した。

 

グループT-araとA Pinkが各種音源チャート上位圏での熾烈な競争をしている。22日午前9時基準、A pinkとティアラが主要な音源チャートで1位を置いて接戦を繰り広げている。“クライクライ”でカリスマのある姿へ変身したティアラは音源サイトモンキで3位、エムネットチャートで1位を占めた。

一方、22日二番目のミニアルバム“MYMY”を発表したエイピンクがティアラの加勢を阻止している。エイピンクはバックスミュージックとネイバーミュージックで1位に名を連ねた。この両チームのコンセプトが相反していて注目だ。

“クライクライ”と別れを経験した女性の痛みを描いたティアラが舞台で強烈なカリスマを見せた一方、エイピンクは”MYMY”とさわやかさとハツラツとしたイメージを大切にした冬の雰囲気の曲を全面に出している。ティアラとエイピンクは、現在のすべての音源サイト上位圏にとどまっている。ティアラの上昇をエイピンクがどれだけ阻止できるか注目が集まる。

 








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ