T-ARA-第8集『AGAIN』での活動「ファンの大切さを知りました」

過去には音源チャート1位を当然視され、歌謡プログラムでも1位のトロフィーをたくさんもらってきたティアラが新曲で1位候補に上がっただけで、 「鳥肌がたちました」と感想を述べました。

本当にこれまで大きな苦労を経験してきたT-ARAは今回のアルバムで納得のいく成果を残したことに関して「宣伝が上手くいった」という評価が多いです。


ティアラ本人たちもそうですが眺める人々の期待も当初は低いものでした。

ティアラは最近記者との席で「国内では1年ぶりのカムバックですが、久々に舞台に立つと感じることには大きな違いがありました。自信は落ちるばかりでした。1位になることは夢にも思っておらずただ良い姿をお見せしたかった。1位候補と言われ、みんなで泣きました。拍手の音も少しずつ増えていくようで愛してくださることに本当に感謝しています」と語りました。

 

t-araa-131101

 

T-ARAは10月10日ミニアルバム『アゲイン』(Again)を発表しました。

タイトル曲は『ナンバーナイン』。

この曲は、各音源チャートで上位圏に上がり、時間が経つにつれて順位が徐々に上昇する底力を発揮しました。

「私達のことをよく思っていない方々がいるのは知っていましたので恐かったですし心配が9割でした」ティアラは、ファンの声援によって舞台で勇気を出すことができたのです。

 

予想以上に反応が良いからといって、より大きな欲を持っているわけではありません。

T-ARAはアルバムでの成績よりもファンと近づきたいという気持ちだけでした。

最近の音楽番組の事前録画の際、朝から待っているファンのためにおやつ300人分をプレゼントしたのもそのような心からです。

 

「何とかファンの近くに。良い音楽を聴いてもらうために熱心にするのは当然でしょうし、それ以外のイベントをしたいです」とT-ARA。

 

ソヨン:「昔からしてみたかったのはファンと一緒に行くキャンプ。歌手とファンの間を越えて一緒に楽しく遊びたいと思います」

ウンジョン:「ファンと秋の運動会をしても良さそうですね」

 

T-ARAがファンと一緒に過ごす時間を大事にしたのは「当然のことだからこそ見えていなかった大切さ」を悟ったからです。

メンバーたちは「自然にすべての行動や心構えが変わりました。私たちはこれまで与えられてきたすべてのことを当たり前だと思っていました。ですが、それは当然のことではなく、与えられたことでありチャンスであったことを知りました。起きてから眠る瞬間まで、全ての事が非常に大切で、感謝しています。舞台が私たちの単なるスケジュールではなく、ファンが私たちに関心を持っていただく席なんだということを知りました」と述べました。








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


最新・関連グッズ

T-ARAのグッズが勢ぞろい
t-arasyouhinstore-01

スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ