LoveyDoveyドラマバージョンMV

LoveyDoveyのドラマバージョンのMV動画の紹介です。

http://youtu.be/_sa1GWrN6eQ

関連ニュースは以下にまとめておきます。

 


ティアラ今日(2日)、”ロビダービー”のミュージックビデオを電撃公開

ソース

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=185698

 

 

[TVレポートソミヨン記者]

グループティアラの新曲”Lovey – Dovey(ロビダービー)”のミュージックビデオが2日午後1時ポータルサイトネイバーと音楽サイトメロンを通じて初めて公開される。

これに対し、T – araは2日、所属事務所を通じて””ロビーダービー”が公開されることだけを待ったとし、苦労して準備されたミュージックビデオなだけに、ぜひたくさん見てくれ”と伝えた。

また、”ロビーダービー”のミュージックビデオとともに公開される、東京バージョンのミュージックビデオのティーザー映像は、午後3時、オンラインの音楽サイトを通じて電撃公開されて、自由奔放なティアラの姿と、クラブでの姿が込められている。

ティアラの新曲”ロビダービー”が収録されるアルバムのタイトルは、”FUNKY TOWN(ファンキータウン)”というエレクトロニックとレトロな感じを生かしてたタイトルである。

“ロビーダービー”のミュージックビデオは、”クライクライ”のドラマ版ミュージックビデオの後続編でチャスンウォン、チチャンウク、ジヨン、キュリ、ウンジョン、ヒョミンが熱演を広げた22分分量のミュージックビデオだ。

一方ティアラは”ロビダービー”のミュージックビデオは2日を皮切りに、順次4つのミュージックビデオを公開する予定だ。

写真=コアコンテンツメディアソミヨン記者miyoun@tvreport.co.kr

 


 

ティアラロビダービームービー公開…ネチズン”とても悲しい”

ソース

http://mtn.mt.co.kr/newscenter/news_viewer.mtn?gidx=2012010213450770495

 

 

[MTNオンラインニュースチーム]

グループティアラの”ロビーダービー(Lovey – Dovey)”のミュージックビデオが公開された。

2日午後に公開された”ロビーダービー”は、俳優チャスンウォンとチチャンウク、ティアラメンバのジヨン、キュリ、ウンジョン、ヒョミンが出演した20分分量のドラマミュージックビデオで”クライクライ(Cry Cry)”ドラマ版のミュージックビデオの後続編だ。

今回のミュージックビデオにはチャスンウォンとジヨンが死を迎える姿が盛られているなど、悲しい雰囲気をプレゼントした。

新曲”ロビーダービー”は、新沙洞ホレンイと作曲家チェギュソンが一緒に作業した曲でエレクトロニックサウンドと強力なビートが加味されたクラブ風の音楽で振りつけも、シャッフルダンスでモチーフを得て、期待を高めている。

ミュージックビデオに接したネチズンらは”本当におもしろい。ティアラファイティン”、”とても悲しい”、”本当に期待したが最高だ”などの反応を見せた。

[ベクスンギインターン記者(bsk0632@mtn.co.kr)/写真:ティアラロビダービーミュージックビデオキャプチャー]

 


 

ティアラ”ロビダービー”公開直後のクエリ上の争い

ソース

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201201021408531001

 

ティアラ”ロビーダービー”のドラマ版ミュージックビデオが公開されるやいなや爆発的な反応を呼び起こしている。

ティアラ”ロビダービー”のミュージックビデオは1月2日午後1時に公開された後、ネイバー人気検索ランキングでトップを争っており、メロンの検索順位も1位、2位を同時に記録している

ミュージックビデオを見たファンたちは”大ヒットだ”、”大当たりだ。本当に悲しい”、”ティアラロビーダービーちゃん”、”本当に悲しくて5回繰り返して見ている。何度見ても悲しい”などの反応を見せている。

一方、ミュージックビデオの公開に先立ち、メンバーのヒョミンは1月1日放送されたSBS”人気歌謡”で放送事故が起こるところだった理由について、”ジヨンの疲労が累積したために倒れそうだった”と心配していたことを明らかにした。

[ニュースグォンスビン記者] クォンスビン記者ppbn @ 記事情報提供および報道資料newsen@newsen.com

 


 

ティアラ”ロビーダービー’ムービーの結末、”トゥヘブン”のような理由

ソース

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2012010213565101056&outlink=2&SVEC

 



 

ティアラの”Lovey – Dovey(ロビーダービー)”ドラマ版のミュージックビデオは、チョソンモの”To Heaven”のような結末を結び、注目を集めている。

1日午後1時に公開されたティアラの新曲”ロビダービー’ミュージックビデオは公開直後、現在ネイバー人気検索順位1位を記録し、メロンの検索順位も1位、2位を同時に記録している。

ドラマタイズのバージョンでは、”ロビーダービー”のミュージックビデオは、”クライクライ”のドラマ版ミュージックビデオの後続編でチャスンウォン、チチャンウク、ジヨン、キュリ、ウンジョン、ヒョミンが熱演を広げた22分の大作だ。

ミュージックビデオの中には、ダビチとのデュエット曲’私たち愛しあっていたのに’が挿入されてチャスンウォンとジヨンの死を一層より悲しくさせる。

特に、コアコンテンツメディアのキム・グァンス代表がミュージックビデオのエンディング場面のビハインドストーリーを明らかにし、さらに注目を集めている。

“ロビダービー”のミュージックビデオのエンディング場面は98年度に製作したチョソンモの”トゥヘブン”のミュージックビデオのエンディングシーンと同じコンセプトと画面の技法で作られた

“トゥヘブン”のミュージックビデオのエンディング場面では、イビョンホンが自ら命を絶つ場面が登場し、音楽を好きな人たちに数々の話題を呼び起こした。

キムグァンス代表は98年の”トゥヘブン”のミュージックビデオを初めて公開し、顔のない歌手チョソンモを誕生させて最高の位置まで引き上げた張本人。

彼は”98年”トゥヘブン”以来13年ぶりに、”ロビーダービー”のミュージックビデオで、ジヨンの死による悲しいエンディングのシーンを制作してリトル”トゥヘブン’という修飾語を聞いてみたい”とし”イビョンホンのエンディングシーンとジヨンのエンディングシーンを比べて見てくれ”と伝えた。

一方、ティアラの”ロビダービー”のミュージックビデオを見たファンは”大ヒットだ””内容も良く、俳優たちの演技も引き立って見える”、”内容があまりにも悲しくて〓〓5回繰り返して見ている”などの反応を見せている。

 


 

キュリ、整形したジヨン…”ロビダービー’ムービー’どんでん返し’

ソース

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2012010213435213219&outlink=2&SVEC

 

 

不良少女と化したティアラが逆のミュージックビデオで強烈なカムバックを知らせた。

ティアラは2日、新曲”ロビーダービー”のミュージックビデオを各種音楽サイトを通じて公開した。

この日公開されたミュージックビデオは全部で5つのバージョンの最初の作品で、なんと22分のランニングタイムで制作されたドラマタイズ形式の大作だ。

俳優チャ・スンウォンとチ・チャンウクが出演して熱演を広げた。全体的に、”ロビダービー”が持つ明るい雰囲気とは異なり、ミュージックビデオは寂しさを含んでいる。

クラブで踊ってバッグを盗むなどの不良がとる行動も躊躇しないウンジョンとキュリが危険に遭遇した時にチャスンウォンが救出するという内容。

銃を使ったアクションシーンが挿入されるなど、劇的な場面が演出された。

一方ミュージックビデオの中盤には、逆の展開もあった。キュリは、過去のミュージックビデオに出演して劇中チャスンウォンと悲しい縁を結んだジヨンだったこと。

キュリは、成形したジヨン役に出演して、劇的などんでん返しをプレゼントした。

また、チャスンウォンが銃に撃たれ、死に直面したとき、ティアラの’私たち愛しあっていたのに’が挿入され、さらに悲しみを誘った。

最後には車を運転して海に向かっていくことで、最終的に死を迎えた二人の男女の悲しさが極大化された

死を控えて最後の思い出を思い出させる場面の中で男女は”私たちに出会ったことを後悔させてやろう”とし、世界とお別れした。

メンバーたちの演技が光った。男の濃厚な寂しさを演出したチャスンウォンの熱演の中にキュリとウンジョンは、リアルな涙の演技で悲しみをきちんと表現した。

音楽も死に駆け上がった男女の運命とよくマッチしていた。

今回のミュージックビデオには、”ロビーダービー”の一部を公開した。

クラブシーンの中のBGMとして公開された”ロビーダービー”は、やさしいメロディとリズムが加わった中毒的なリフレーンが印象的なダンス曲だ。

有名作曲家、新沙洞ホレンイとチェギュソンが、最近、ヨーロッパ、アメリカで流行しているクラブ音楽にエレクトロニクスサウンドを加味した曲だ。

ティアラは今回のミュージックビデオをはじめ、”ロビダービー”の別バージョンを順次公開する。ゾンビに扮したティアラの姿と中毒的なシャッフルダンスが繰り広げられる予定だ。

 


 








↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

2 Responses to “LoveyDoveyドラマバージョンMV”

  1. slash より:

    早速拝見しました。
    やはり素晴らしいです。
    これは単にMVと言うくくりでは語れないと思います。

    希望としては、
    この映画を作ってほしい!!
    必ずヒットするでしょう!!

    心よりそう思っています。

    良い作品をありがとう!!

    T-ARA、ファイティン!!

    • ハル より:

      私も時間ができてからゆっくりと拝見させてもらいました。

      確かにこれはもはやMVの域を完全に超えていますね(^^;
      更にこれから公開されるMVのバージョン後4つも用意しているのですから、さすがとしかいいようがありません。

      韓国の音楽関係者によると他のグループがT-ARAとの対決を避けているという情報もありますが、納得です。しばらくはライバル不在でのT-ARAの1人勝ち状態が続きそうですね^^

      「LoveyDovey」が前年度の国民歌謡「RolyPoly」にどこまで迫ることが出来るのかと思うと楽しみで仕方がありません。

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


最新記事一覧

スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ