T-ARA(ティアラ)が9月7日の『ミュージックバンク』でカムバック?KBS側『確定事項ではない』

T-ARA(ティアラ)のカムバックに関して

 


カムバックが切迫しているティアラ、パントマイムを加味したロボットダンスで『勝負 』

 

ソース

http://m.media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20120829174705098

 

カムバックが切迫したティアラの新しい舞台はパントマイムを加味したロボットダンスで視線を集める見込みです。

ティアラの新曲はすでに7月に予告されたとおりシンサドンの虎の4番目のシリーズ曲『セクシーラブ(Sexy Love) 』でエレクトロニック·クラブダンス音楽です。

この曲はもともと8月15日に発表される予定でしたがファヨンの脱退など、チーム内の事情で発表が延期されていました。

ティアラは、これまでシンサドンの虎と一緒に『Bo Peep Bo Peep』を皮切りに、『 ローリーポリ(Roly-Poly )』、『ラビーダビー(Lovey-Dovey) 』に至るまで、一緒に呼吸を合わせて大きな人気を集めました。

特に『Bo Peep Bo Peep』は猫ダンス、 『Roly-Poly』はレトロダンス、 『Lovey-Dovey』ではシャッフルダンスを披露して大ヒット行進を続けてきただけに、今回の『セクシーラブ』で見せるパントマイムを加味したロボットダンスの舞台にも期待が集まっている。

 

ティアラは最近最後の公式席上だった日本武道館公演で『ティアラジャパンツアー2012 -ジュエリー·ボックス』の記者会見当時、新曲の舞台に自信を見せていました。

当時ティアラは「今まで15曲程度で活動をしていたが、毎回違うコンセプトにしていた。今はテーマが多少ネタ切れした感じで次に何を見せようか悩んだ。しかし、後続曲は『キラキラ』して良いコンセプトが思いついたので期待してもいいだろう」と耳打ちしました。

 

一方、ティアラは来る30日、ミニ7集アルバム『ミラージュ(MIRAGE)』を発表する予定です。

韓国音楽著作権協会にもティアラの新しいシングル『セクシーラブ(Sexy Love)』が8月30日に公表と表記されており、カムバック説を後押ししています。

ティアラは9月中に音楽プログラムを使用して新しい舞台を披露する予定です。

 

去る28日にファヨンが自分のツイッターを通じていじめ説を否定して、 「同じ釜の飯を食べて過ごして幸せだった日々もあったので、過去の事は忘れて今は再び笑顔でお互いを応援してやっていきたい」と明らかにして、いわゆ『 ティアラ事態』に終止符を打っただけに『良い歌と良い舞台を通じた真っ向勝負』を選んだティアラが果たしてどんな姿でファンの前に立つのか注目されています。

 


 

ティアラが正面突破… 『ミュージックバンク』を通じて電撃カムバック

 

ソース

http://star.mk.co.kr/new/view.php?mc=ST&no=548306&year=2012

 

 

いっそ正面突破を選択したい!」

ガールズグループティアラが09月初週の『ミュージックバンク』を通じて電撃カムバックします。

『いじめ論難』に触発された一連の事態が完全に鎮静されていない状況でわずか一ヶ月ぶりに正面突破を選択したもので

す。

複数の放送関係者たちによるとティアラは9月7日生放送の『ミュージックバンク』にミニアルバム『Day By Day』の後続曲を引っさげてスペシャル舞台を飾る予定です。

実際にKBS芸能局のある高位関係者は29日、 「KBS内部では、ティアラの『ミュージックバンク』でのカムバックが既に口頭で確定された状態」と耳打ちしました。

続いて比較的早いカムバック決定について「一連の『ティアラ事態』を経験して、世論の悪化と一緒にドラマ、歌謡、広告など全方位からの退出の危機に置かれて、所属事務所側が超強気で正面突破のカードを取り出したもの」と解釈しました。

しかしカムバックの計画も支障をきたすこともあります。

極秘裏にカムバック舞台を進行中なのもこのような理由からだという話です。

ティアラファヨンの『いじめ論難』から始まったグループ内の問題は、個々の活動にまで影響を及ぼしてきました。

ファヨンの退出が決定して一日でミニアルバムの活動を全面中断し、涙をのんで初の単独コンサートまで中止しました。

ここに製作発表会まで参加したメンバーウンジョンがSBS週末ドラマ『五本の指』を降板され、ソヨンさえKBS月火ドラマ『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』で分量が縮小されるなど、居場所を失う局面のように見えます。

ティアラの世論悪化とイメージの失墜はさらに重い宿題として残っています。

ティアラの所属事務所としては、このような事態をじっと見守っていられない立場でしょう。

ある放送関係者は「実際にティアラのアルバム活動中断は自発的な中断であって、放送局から出演制裁を受けた状況ではなかった。いっそ活動をしながら、世論を浄化させるということを真摯な悩みの末に決めた」と説明しました。

 


 

『ミュージックバンク』側「『ミューバング』でT-ARA(ティアラ)がカムバック? 確定事項ではない」

 

ソース

http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=201208291520531118&ext=na

 

 

KBS 2TV 『ミュージックバンク』がティアラ カムバック説に対する立場を明らかにしました。

『ミュージックバンク』のある関係者は29日午後マイデイリーに「ティアラが『ミュージックバンク』でカムバックするということは確定した事項でない」と話しました。

この関係者は「ティアラ側でカムバックに対して連絡がきた。 出演に対して論議中であって確定した事項でない」として「まだ9月7日出演者交渉が完了していない状態だ」と話しました。

ある媒体はこの日午後ティアラがミニアルバム『Day By Day』の後続曲を引っさげてスペシャル舞台を整える計画だと報道しました。

ティアラ側が『ミュージックバンク』を通じてカムバックの問い合わせをしたという『ミュージックバンク』関係者の言葉から推察するとティアラのカムバックが秒読みに入ったと予想されます。

 

一方ティアラは前メンバーファヨンの『いじめ説』がふくらんで社会的な論議を起こしました。

結局ファヨンがチームから放出されて、所属会社コアコンテンツメディアで何度も解明しましたが論議は簡単に沈静化しませんでした。

 


 

『活動再開』ティアラ、9月の地方行事のスケジュールも相次ぐ

 

ソース

http://m.media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20120829162333607

 

ガールズグループティアラが活動を再開します。

ティアラは来る9月8日、済州ICC野外特設舞台で開かれる2012 世界自然保全総会記念コンサート K-POP Nature +の舞台に上がる予定です。

この行事には、歌手のBoA、ボーカルグループ2AMなどが出演します。

行事関係者は「ティアラの出演は確定した事項ではないが有力視されている」と伝えました。

 

 

続いて9月23日には慶州市民運動場で開かれる2012レース韓流ドリームコンサートの舞台に上がります。

この行事には、アイドルグループBEAST、ガールズグループKARA、シスターなどが出演して、行事関係者はティアラの出演に関して「一度確定されたもので、変更はないようだ」と説明しました。

 

これに先立ち、ティアラは9月初め地上波とケーブルチャンネル音楽プログラムを介して視聴者たちの前にグループとして姿を現わす予定です。

ティアラは先月ファヨンのいじめ説以後グループ活動を中断して、個人の活動に専念してきました。

 


 

ティアラ、カムバックの準備が終了?… KBS 『ミューバン』だけでなく 『音楽中心』『エムカ』も確定

 

ソース

http://sports.hankooki.com/lpage/music/201208/sp2012082916433395510.htm

 

 

最近『いじめ論難』の真偽を巡って非難を受けていたガールズグループティアラの9月のカムバックが確定視されています。

ティアラは9月6日、ケーブルチャンネルMnet 『エムカウントゥダウン』を始め7日KBS 2TV 『ミュージックバンク』、 8日MBC 『ショー!音楽中心』のステージにも立ちます。

カムバックの準備がある程度完了した状況のようです。

 

ある放送関係者は28日午後スポーツ韓国に「ティアラのカムバックが確定した」とし、 「地上波3社の音楽プログラムを通じて後続曲活動を再開するものとみられる」と明らかにしました。

一方ティアラがどのように舞台に上がるのかは決定されませんでした。

最近メンバーファヨンの脱退とウンジョンのドラマ降板など内紛を経験しただけに、一部の大衆の反発を買う余地があり、事前録画方式で進行される可能性もあります。

この関係者は「事前録画にするか、生放送で正面突破をするか、何も決定されなかった」とし、「所属事務所とメンバーたち、製作陣皆会議で最善の方法を選択する」と伝えました。

 

ティアラのカムバックを置いて一部のネットユーザーたちが望ましくない態度だという指摘が出てきた中で放送関係者の間では、 「静止することでもない」という立場も提起されています。

別の関係者はスポーツ韓国との電話通話で「歌手が音楽活動をすることは間違ったことではなく放送局の次元でこれを防ぐ理由もないんじゃないか」と話しました。

ティアラは、新しいアルバムのタイトル曲『デイ·バイ·デイ(Day by day)』の後続曲で活動する見込みです。

そして現在メンバーのソヨンとヒョミンがそれぞれKBS 2TV 『海雲台(ヘウンデ)恋人たち』とMBC 『千人目の男』で演技活動を続けています。

 


 

KBS側 「ティアラ出演は芸能局での議論を経て決定する」

ソース
グループティアラのKBS 2TV 『ミュージックバンク』のカムバック舞台と関連してKBS側は「確定したことではない。芸能局の次元で議論を経なければならない」と線を引きました。
  
『ミュージックバンク』のハン・ギョンチョン責任プロデューサー(CP)は29日OSENに「ティアラが『ミュージックバンク』に出演するかどうかはまだ決定されていなかった。9月3日頃担当PDの選択がある場合は、芸能局での議論を経て決定する」と明らかにしました。
CPは「このような重大な事案はずっと芸能局で議論を経て決定してきた」と強調しながら、 「社会的に問題がある事案は世論での収拾を経ずに決定することができない。担当PDが出演者リストにティアラを上げて、芸能局長の承認を経れば出演が確定される」との立場を明らかにしました。







↓人気韓国ドラマが2週間ずっと無料で見放題!↓



当ブログの人気エントリ一覧

One Response to “T-ARA(ティアラ)が9月7日の『ミュージックバンク』でカムバック?KBS側『確定事項ではない』”

  1. AQUARIUS より:

    やっと、カムバックですかね?

    待ちわびました.

    楽しみに待ってます

サブコンテンツ

新曲&イベント情報

T-ARA13集アルバム『What’s my name』

最安値ショップ


K-POPファンサイトを作りたいあなたへ

K-POPの魅力を広めたい人募集中


共同運営者(記事投稿者)
募集中

参加に関する問い合わせはコチラ


オフ会/個人イベント告知

無料掲載依頼はコチラ


スポンサードリンク

その他の活動

【広告(CF)】

T-ARAが広告モデルを務める「トニーモリー」の公式ホームページ

閲覧


T-ARAが広告モデルを務める「奇抜な(ネネ)チキン」の公式ホームページ

閲覧


ボラムが『オランC』のCFに出演

チェック


T-ARAが『DPG!』のイメージモデルに

紹介


【ドラマ】

ダニがKBS月・火ドラマ『学校2013』に出演

公式HP

WEBドラマ『甘い誘惑』

動画・情報まとめ


【映画】

ヒョミンが邦画『ジンクス!!!』に出演

公式HP

DVDの予約はコチラ

ショップ

ウンジョンがタイ映画で主演に♪

記事


【その他】

ボラムがミュージカル出演

ロストガーデン

頂いたコメント

T-ARA Twitter


このページの先頭へ